隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

著者 : 北原亞以子
  • 新潮社 (2005年9月発売)
3.52
  • (5)
  • (6)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
  • 85人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414195

隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巨悪な事件が、出てくるわけでないのに、作者 北原亞以子氏の慶次郎縁側日記シリーズ、好きである。

    8話からなる、この本は、悪者になるのには、まだだが、そのまま深みにはまって行ってしまうと、悪人の仲間入りになる一歩手前を、どのように食い止めるのか?

    森口晃之助が、慶次郎のように、上手く采配してく様も、読んでいて、情のあるやり方に、納得しながら、、、そして、どうにもならない者には、喝を入れるところがいい。

    最後の解説で、新田次郎氏の令息の藤原正彦氏の解釈も、粋と人情で描かれる慶次郎シリーズの醍醐味を知り尽くしていて、そう、、、そう、、、何気ない会話の中に慶次郎の人間的魅力を存分に表していると、、、。

    物語りの中の 儲けの少ない店から筆を万引きする悪ガキ、空腹に負けてカエルの止め口のついた紙入れを置き引きする浪人、母の愛を確かめたくて、万引きする少女、母から正直に生きる事を言われて過ごしたのに、正直すぎて笑われる男、、、、
    どれも、そんな大した事件性が、あるわけでもなのに、心の動きや、喜び、怒り、悲しみ、哀れみなどの気持ち表し方の上手さに、ついつい、読んでしまいたくなる本である。

  • 8編。万引きする子や空き巣が出てくる。それに至った経緯、動機が物語に吸い込まれる。さりげない慶次郎の登場も相変わらずだ。「正直者」が良い。2016.9.17

  • 再読了。

    身悶えしたくなるような、素晴らしい短編が続きます。

    まぁ、四十を越したオッサン(わたし)に身悶えしてもらっても、著者・北原さんもお困りになるだけでしょうが・・。

  • 相変わらず、北原の突き放した書き方がいい。

    全く事件が起こらなくても、最後5Pで慶次郎が出てきて、手代から番頭に上がる男の悩みを軽くするという、ただそれだけの話だが、悩みを解決できなくても生きていく上では当たり前のこととして、無理にオチをつけないところが良い。

  • 6 慶次郎縁側日記
    慶次郎のキャラをかっているので一話目から養子の晃之助がメインだと萎える。慶次郎に負けずいい男なのはわかるけど、似たキャラは二人もいらない。何故養子でまだ年数もいかない晃之助が慶次郎に似る?とはいえ、慶次郎売りでないと思えば仕方がない。やたらなさけない男(武家・罪人)がでてきた。「夫婦」「隅田川」「正直者」は良かったなぁ。にしても、慶次郎全然でてこないよ。

  • 普段江戸物小説なぞは読まないが、人からもらったので読んでみた。シリーズ物になっていたので、初めから読みたかった。時代劇とか歴史物は苦手意識があったが、最近は結構面白く読めるようになった。シリーズ物って登場人物に愛着がでてくるので機会があれば他のシリーズも読んでみるかも。

  • おもいっきり時代物です。
    ものすごい謎解きとか、目も回るようなスピード感とかはないけど、好きですね、人情物語。

全7件中 1 - 7件を表示

隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)のその他の作品

北原亞以子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする