やさしい男―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (1)
  • (12)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 90
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101414218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吉次の魅力がじんわり滲み出てきた。2016.10.6

  • 再読了。

    巻末、花村萬月さんの解説が秀逸。
    「ナンダカ空」で直木賞を受賞した江戸物作家さんあたりを揶揄した思える・・
      ― 考証原理主義者め。
    ・・なんて、痛快な解説が読めたりします。

    吉次がメインの話が二話ありますので、吉次ファンにはお薦めです。

  • やりきれない物語が多い
    慶次郎縁側日記
    作者ってイジワルか!

  • 7慶次郎縁側日記
    そうやって、仕方ないって思わなきゃやってらんないことってあるよねー、な「三姉妹」。三千代の死が振り返られて、慶次郎とおぶんの思いがなるほどねー。一巻目の衝撃が蘇った。吉次の話は恋なのかな。佐七のときと比べてただの人のいいところがでちゃっただけのような気がするわ。

  • 慶次郎シリーズ。解説の花村萬月氏の解説がとても良い。北原文学を的確に表現している。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『化土記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原亞以子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×