追悼の達人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (5)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (642ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101419060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 亡くなったひとの著作を読んで追悼する、というのがいいな、と思った。
    印象深いのは、やっぱり荷風が書いた鴎外への追悼文。冒頭しか載っていないけど、美しくて何度でも読みたくなる。
    それから、藤村から花袋への追悼文。故人の身体的特徴でよく覚えている部分がある、なんて。本当にずっと近しかったんだなあ。
    露伴の死について書いた幸田文の文章もぐっとくる。

  • 09.07

  • 物書き同士も ナカナカ 緊張関係にあることが わかります。
    体を張って 仕事をするってことの すばらしさも わかろうってもんです。

  • 追悼の辞を述べてもらえるのは偉い人だけれど、どんなに偉くても追悼文にはいちゃもんをつけられない。だって死んじゃってるんだもの(笑)

  • 『文人悪食』とは趣を変えて、文豪が逝去した際の追悼を切り口に、文豪の交友や晩年を語る。文豪の葬儀に駆けつけて弔辞を読むのもまた文豪ということを忘れていた貴方。是非ご一読あれ。

  • 人は自分が死んだときにどのように送られるかで一生が分かる。文人たちの追悼式の弔辞を集めた本。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九四二(昭和十七)年、静岡県生まれ。平凡社『太陽』編集長を経て独立、執筆活動に専念する。八八年『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。二〇〇〇年『芭蕉の誘惑』で、JTB紀行文学大賞受賞。〇六年『悪党芭蕉』により泉鏡花文学賞、〇七年読売文学賞をダブル受賞。他に、『文人悪食』『「下り坂」繁盛記』『追悼の達人』『文士の舌』『枯れてたまるか』、磯田道史氏との対談『影の日本史に迫る』など著書多数。

「2019年 『ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

追悼の達人 (新潮文庫)のその他の作品

追悼の達人 単行本 追悼の達人 嵐山光三郎
追悼の達人 (中公文庫) 文庫 追悼の達人 (中公文庫) 嵐山光三郎
追悼の達人 (中公文庫) Kindle版 追悼の達人 (中公文庫) 嵐山光三郎

嵐山光三郎の作品

ツイートする