光射す海 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.29
  • (19)
  • (35)
  • (143)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 453
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101438122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作者はちゃんと科学的根拠に基づいた話を書くので好きです。

  • 内容
    入水自殺を図った若い女性は、記憶を失っていた。恋人だった青年は遠洋マグロ漁船の上にいる。二人の間に一体何があったのか―。運命をあらかじめ知っている人間はいない。しかし、はっきりとした確率があるとしたら。偶発的に誕生した遺伝子が特別の意味を持った時、恋人達はある宿命を背負い、日常の裂け目には一つの危うい人間関係が生じた。

  • 図書館で「リング」「らせん」と同じ人なら面白いかと思って借りた。

    記憶喪失の少女がなぜ、そうなったかを、精神科医と入院患者が探し出し、マグロ遠洋漁業に逃げ出した元彼に教え、少女の過去を知った元彼は深く後悔し、再度やり直そうとする話。

    なんか、ちぐはぐだった。精神科医と入院患者か探偵さながらに少女の過去(病気)を突き止める前半と、マグロ遠洋漁業船に逃げ込んだ元彼の生死をかけた船上での過酷な労働の中で希望を見出す後半、別の話のように分断されて、あの入院患者くんはどうなったのかしら?と思う。

  • ハンティントン舞踏病の怖さがすごく伝わってきた、自分がもしなったら、どういう道を選ぶか、考えさせられる

  • 読みやすかったです。
    海の描写がすごく上手く、想像しやすいです。
    失礼な話ですが書くのが上手なんでしょうね、内容も面白いのですがしかし少し尻すぼみ感が否めない感じ。

  • 内容は…全体的にはなかなか面白かったんだけど、マグロ船の細かいクダリっているのかな?
    最初のサスペンス的なノリで話が展開されたらもっともっと面白かったと思うんだけど…。

    唯一魅力を感じた健史の活躍も尻切れトンボで残念。

    しかしなんだか良くわからないけどすぐ読めた。
    決してページが少ないとか文字が大きいとかではない。
    それなのに読みやすいのは魅力かな。

  • もしも6年間の間、治療法不明の、遺伝的な病気にかかるかもしれないという恐怖にさらされたら、人はどうなってしまうだろうか・・・。

    私ならおそらく、自殺をしてしまうと思う。
    その病気にかかる確率は2分の1。しかも30台後半にならないと発病するかどうか分からない。そんな絶望を抱えて、とてもではないが生きていけない。
    発病してすぐに死ぬような病気ならまだいいけど、ここで扱われている病気は、段々苦しみ、可笑しくなり、最後には介護を必要とし、死んでいく。
    そんなのは耐えられない。

    人はもしこういう状況に対面したら、この本の主人公のようになるか、すぐに自殺してしまうかのどちらかになると思う。

    彼女の精神的な病が、これから段々良くなる事を祈って。
    そして望月副院長の家庭がこれからどうなっていくのか、そこも気になるところ。

  • 医学ネタが入ってきた所で醒めてしまった。
    楽園はない、といいながら、ご都合主義の救済が用意される。

  • 単純に最後に本題と紐づく構成が好き。
    内容的に止まらず読みたくなる感じでは無いが、『ハンティントン舞踏病』という特殊な精神病と『マグロ漁船からの漂流』といった非日常が題材なため、その点は好奇心はそそられはする。

  • 妊娠をしながらも入水自殺を図り記憶喪失となってしまった女性の謎をめぐる小説。

    登場人物それぞれが過去や今現在何かしらの問題を抱えているのですが、記憶喪失となった女性の問題はともかく、他の登場人物の問題がなんだか宙ぶらりんで終ってしまったような感じで少しモヤモヤしてしまいました。

    展開は終盤が少し強引な印象。主人公の思考を変えさせるために無理やり事件を起こした感じがしてしまいました。

    良かったのは精神科医のパートと、マグロ船の漁師のパートと二つのパートで話が展開するのですが、マグロ船のパートが迫力十分!マグロ漁の様子や、マグロ船の船長の過去の話、そして主人公が味わう苦難の様子も真に迫っている感じがして印象的でした。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

千葉中央メディカルセンター勤務。認定理学療法士(代謝)、呼吸療法認定士、糖尿病療養指導士、住環境福祉コーディネーター2級。

「2018年 『リハビリのプロがすすめる 健康寿命を延ばす1000冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木光司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
鈴木 光司
鈴木 光司
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×