欲望 (新潮文庫)

  • 688人登録
  • 3.51評価
    • (54)
    • (81)
    • (181)
    • (16)
    • (2)
  • 85レビュー
著者 : 小池真理子
  • 新潮社 (2000年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101440149

欲望 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古典的な香りが色濃く感じられる究極の恋愛小説。

    三島由紀夫に興味がなくても読める。

    主人公は図書館司書の類子。かつての同級生で、建築家の正巳。もう一人の同級生、阿佐緒。
    物語は三人を中心に進んで行く。

    それぞれが抱える心の闇は深くて重い。特に、建築家の正巳は事故により性的不能者である。

    色々な事件を織り交ぜながら、確実に死へ向かって行く者達。そこに行き着くまでの心理描写が細密。

    愛する者達を失っても、生き続けていかなければならない人間の静かな強さを感じさせるラスト。
    余韻が切ない。

  • 恋愛小説は苦手なので、基本的には読まないのだけど、この小説は『この文庫が、すごい!』というムック本に紹介されており、「面白そうだな」と思い購入した。

    現実には体験出来ない恋愛が書かれていたのが、良かったのかもしれない。いっきに読めた。

    しかし、この登場人物みたいな男子とは恋愛したいとは、思わないな~(⌒-⌒; ) 色んな意味で…\(//∇//)\

    初めての恋愛小説がレベルの高いもので、良かった! これがきっかけになり、小池真理子の小説を読むようになった。早く、読めば良かった。
    次は直木賞受賞作の『恋』を読むぞ~!

  • 引用になりますが解説にて池上冬樹氏がこう綴っています。「とにかく本書は女性の官能の世界を激しくきらびやかに描いた作品である。<中略>三島文学を継承した、比類なき美しさをもつ現代文学の古典といっていいだろう。」
    私の感想を自分の言葉より端的に表現していますので感想として引用させていただきました。実に美しい物語だと思います。

  • 人を愛するときに、その人を形作っている要素が一つでも違っていたら、
    その人を愛したかどうかわからない。
    漠然とそんなことを感じた。
    主人公は、彼が性的不能でなければ、こんなに彼を愛したのだろうか。

    終盤の海でのシーンが印象的で、具体的に情景が浮かんできた。
    静かに訪れる、愛する人を失う悲しみ。

    読んだ後はしばらく余韻が消えず、ぼうっとしてしまった。

  • いつものことながら破滅的

    美しい人の脆さ

  • 恋、無伴奏に続き、欲望を読み終えて三部作を読破。
    最後の解説にもあったけど、文章がすぅっと入ってきて、ついついゆっくりと読みふけってしまうー、そんな作品でした。
    読み始めてからラストまで、とても濃密な時間を過ごした感じ。
    三部作のなかでは本作が一番好きかな。

  • どこまで純粋になれるか。次は三島に挑戦。

  • 2016.12.7

  • 感想を書くのが難しい。
    EDである男性をどう愛するのか、また自分がEDなら女性をどう愛せるのか。なんとかその壁を乗り越えられそうな、でもやっぱり乗り越えられなさそうなもどかしい感じがしました。

  • 小池真理子らしい、濃密な物語。
    阿佐緒の奔放さが切ない。能勢と主人公との交わりも、正己の秘密も。ぐいぐいと読ませるけれど、なんだか読後感はどっとくる感じ。

全85件中 1 - 10件を表示

欲望 (新潮文庫)のその他の作品

欲望 単行本 欲望 小池真理子
欲望(新潮文庫) Kindle版 欲望(新潮文庫) 小池真理子

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
小池 真理子
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

欲望 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

欲望 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする