蜜月 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.24
  • (10)
  • (26)
  • (93)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 312
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101440156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なにげない日常を過ごす6人の平凡な女たち。
    彼女たちの共通点は天才画家の辻堂環と親密やそれに近い関係を経験したことである。夭逝した環の報に接した彼女たち。それぞれがかつて環と過ごした日々が三人称で語られる。奔放でバイセクシュアルでもある環は彼女たちを翻弄し、貪欲に飲み込んでゆく。海のように。寿命を縮めたのは無邪気なあまたの恋のせいであろうか。

  • 6つの恋とはいえ、似かよっている。

  • 亡くなった誰かの周りの人間模様を描くストーリーはだいたい面白い、今回も

    洋画家の死をきっかけに周りの女性の心境を描いていくストーリー

    奔放に生きる画家と振り回される女たち

    しあわせかそうじゃないかはさておき
    こういう男性に見初められる女になってみたい


    鷺沢萌が解説してるのも良かった

  • 天才画家、辻堂環が死亡したというニュースをきっかけに、環に関わった女性達が環との思い出を語るといったスタイル。
    小池版「ニシノユキヒコ~」みたいな感じでした(どちらが先に書かれたのかは知りませんが)。
    個人的に環みたいな人に魅力を感じないので、その強烈な個性に惹かれる女性達も「ふーん」という感想しか持てなかった。
    文章はいつもの小池さんらしく綺麗でしたが、ところどころ下品な表現があって、敢えて挑戦してみたのかなあと思いましたが、その点もあまり好きになれなかった。

  • 画家 辻堂環と関わりのあった女性達の話。今では皆、平凡で幸せな生活を送っている。辻堂のみ普通の生活を送る事はなく44才で死んでいく。ずっと、母親像を追いかけて、女性と平凡な生活を送る事が出来なかった。

  • 辻堂環という一人の男性と、ほんの短期間関わりあった女性たちの話。
    環さんは、とんだプレイボーイだ!と、最初の方は思うんだけど、読み進めていくうちに、彼の孤独の深さや、刹那的に深い愛情をもつそのやり方に、なんだか可哀そうになってきてしまった。

    私はでも、こんな生き方をする人は好きではない。
    環さんが好きになった、この話の主人公たちは、もともとは、他に大切な人がきちんといたり、自分をちゃんともっていた人たちだった。
    環さんが好きになるのはそういう人たちばかりで、彼が関わることで、彼女たちは何かしらを失った。
    失わせることでしか、愛せないなんて、なんて哀しいんだろう。

  •  前までは気持ちも理解できないし、恋愛小説はあまり好きじゃなかったけど、最近読みたくなってくる。
    タイトルがあまりにも濃厚な雰囲気が漂っていたし、小池真理子は基本的におもしろいし。

    6話からなるこの本は、ある1人のなまめかしいほど美しい天才美術家の男に恋する女性たちの話。全話、男が死んだニュースをきいて、衝撃を受け、男との蜜月の季節を思い出すという内容。
    どの女性も今は普通にノーマルな暮らしをしているが、男と付き合いのあるときは、理性をコントロールできなくなり、中毒のように男にハマっていっていた。 
     破滅に向かう恋愛をする人はいるものだけど、あのおちていきそうな感じは私は嫌い。 自分がなくなる感じもキライ。
    でも、読むのはおもしろかった

  • 芸術家の感受性の強い男性の、恋愛模様。
    一般人とは違う、実家の芸術家やアーティストと呼ばれるような人種の人は、こうゆう人生を歩んでいるんだろうな。

  • 小池真理子さん、好きな作家さんです。小説でミステリーを読む様になったのはこの方がきっかけでした。この本はまたちょっと独特。激しい恋愛ストーリー。

  • 2枚目,辻堂薫の息子,辻堂環(たまき)の死亡の知らせに対する様々な反応を示す小説。主人公は女性の短編6話。
    それぞれを辻堂環の短編小説として,あるいは6つの話で1つの話と考えることもできる。

    小説新潮に1996年から1998年に掲載。

    画家とのこと。テレビの司会,美術書「十七世紀フランス絵画に見る私的情景」の本の中身が出て来ないのは残念。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小池真理子(こいけ まりこ)
1952年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。
2019年1月6日から、『モンローが死んだ日』がNHK BSプレミアムでドラマ化。主演は鈴木京香、草刈正雄。

蜜月 (新潮文庫)のその他の作品

小池真理子の作品

蜜月 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする