乗り遅れた女 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (0)
  • (5)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101443096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乗り遅れた女・・・悪い若者の暴走運転で娘を失った家族がわざと目立つアリバイを妹に作らせ、娘の母である姉が殺した事件。
    三分のドラマ・・・夫を殺された妻と、夫を事故で殺した男は実は恋人同士だった。
    一人旅・・・独身貴族の主人公は、一人旅をした旅先で幸せな結婚をしている知り合いの偽名をわざと書いてあとでトラブルになったら面白いwwとほくそ笑む趣味があった。しかしとうとうその誤解で息子が怪我をし(主人公があげたナイフにより失明)恨んだ母親が、知り合いを殺したことを知り
    愕然とする。
    二人の目撃者・・・弁護士の夫とアナウンサ-が不倫。そんな折夫が恐喝した男を殺害してしまい、妻がアナウンサーに疑惑が行くように変装して、助けようとするが失敗する話。
    ママさんチームのアルバイト・・・ママさんクラブでゆすりをしていリーダーが、サルモネラ菌を使ってホテルを強請ろうとしていたが、恋のライバルもついでに殺害するがばれる
    話。。
    女請負人・・・長年付き合った男に手ひどい振られ方をし、
    男だけ幸せな結婚生活を手に入れたことを知った女は復讐しようと女だけのエニイという何でも屋に相談し、殺害計画を練るが失敗し、もう殺害する気もなくなる。すべてエニイのしくんだ計画だったと気がつく。女は自力で立ち上がることを決意。
    人質は半年後・・・エニイの続き。粗暴な夫に隠れて不倫していたが相手は死亡。相手の子供を産むために妻は誘拐されたふりをする話。

  • ありがちなミステリだけどひとつひとつが短くてさっぱりしているからミステリ初心者に薦めたらはまりそう(展開が読めるのも含めて楽しめる)。
    夏樹静子の文章は好きです。

  • ミスリードが快感。

  • 再読。
    きちんとした話を書かれると作家さんとだと再確認。
    主人公にとって予想外の結末を招く「独り旅」、ありがちな展開だが「ママさんチームのアルバイト」が面白かった。

  • 夏樹さんの短編集です。
    ストーリー的にはサクッと読めちゃう感じ。

    やっぱりミステリーの短編はあかんなぁ。
    「多分こうなるやろなぁ」と思ってたらそのとおりやし
    一つ一つが全然残ってけーへん・・・

    数日後には忘れてしまってる、そんな内容でした。
    夏樹さんがどうとかじゃなくて、短編はこれからも読まないようにしよう。

  • 乗り遅れた女<br>
    三分のドラマ<br>
    独り旅<br>
    二人の目撃者<br>
    ママさんチームのアルバイト<br>
    あのひとの髪<br><br>

    どの作品もなかなかよく出来話で、久しぶりに夏樹静子さんの作品を堪能した感じです。<br><br>
    手にしたのは本屋でしたが、「新幹線に乗り遅れたと、東京駅から新潟までタクシーを飛ばした女は、好物のはずの夕食の蕎麦をなぜ残したのか?」と言う謎の提示に、読みたくなったのです。でも、蕎麦を残したのは重要ではなかったような、、、(^^;<br><br>

    秀作だったのは、深夜タバコを買いに出で、交通事故に遭った男の妻と、轢いてしまった男の話。路上に死ぬように倒れていたと言うことで、死体をひいたのか、それとも生きている状態で事故にあったのか?解決の後にもうひとつの顔が・・・。と言うことで気楽に読めてなかなか楽しめる話でした。

  • 読んでいくうちにほとんどの話で結末が予想できてしまった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

一九三八(昭和一三)年東京都生まれ。慶応大学在学中に長編『すれ違った死』が江戸川乱歩賞候補に選ばれる。七〇年『天使が消えていく』が再び同賞の候補になり、単行本化され作家デビューを果たす。七三年『蒸発』で日本推理作家協会賞、八九年に仏訳『第三の女』でフランス犯罪小説大賞、二〇〇七年日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『Wの悲劇』『』や「検事 霞夕子」シリーズなどがある。二〇一六年没。

「2018年 『77便に何が起きたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乗り遅れた女 (新潮文庫)のその他の作品

乗り遅れた女 単行本 乗り遅れた女 夏樹静子

夏樹静子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする