風は山河より〈第1巻〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (15)
  • (33)
  • (33)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 247
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444512

作品紹介・あらすじ

戦国前夜の奥三河。瞬く間に西三河を支配した松平清康の驍名を聞いた町田城城主・菅沼新八郎定則は、帰属していた今川家を離れる決心をする。清康が卓越した戦術と情義の心で勢力を広げる中、新八郎は戦での働きが認められはじめる。一方、綾という女との出会いから、川原で拾った童子・四郎の出自とその周囲の陰謀が明らかになっていく。知られざる英傑たちの活躍を描く歴史巨編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書店さんから勧められて読んだのだが、今心から感謝している。時代小説好きとか言いつつも、この作品を読んでいなかった事に恥じらいすら感じる。室町の息吹をこれでもかと感じた。現時点で今年一番の小説だ。

  • 野田の菅沼氏というあまり知られていない武家を主人公にした歴史長編。
    著者の『新三河物語』で何度か名の現れた、世良田次郎三郎清康(徳川家康の祖父)の名君ぶりが清々しい。

  • 9

  • 東三河に蟠踞する菅沼一族の支流でありながら、徳川家康に忠誠を尽くした結果2万石ながら徳川幕府の譜代大名となり、日光東照宮の二十八神将にまで列せられた菅沼定盈。「新三河物語」で大久保家に光をあてた宮城谷昌光は、本書では定盈の祖父定則が松平清康の旗下に馳せ参じるところから物語を始める。

    その初対面のシーンで、著者は定則に清康のことを「美しい人」と語らせる。徳川家康を語るにあたり、父広忠の不才覚や苦境から語り始める作品が多いが、広忠の父清康の偉業がなければ家康が三河の継承者の候補になることもなかっただろう。天下を獲る者は徳量を備えていなければならない、とは長く古代中国史を語ってきた宮城谷のテーゼであるが、本書ではその徳の大きさを旗下に参じた三河衆の在り様から描く。半世紀超に渡る壮大な物語の始まりである。

  • 9784101444512 354p 2009・11・1

  • 全六巻

  • なじみの薄い時代(家康の祖父の時代)、小豪族(菅沼氏)を主人公にした歴史小説で興味深い。三河武士全体を描くのが主題のようだ。

  • 菅沼家が主役。三河周辺を勉強している身としては凄く嬉しい題材。所どころの史実の知識が物語のスピードを邪魔している感じだが、内容は面白い。中国史の時代小説家らしく、中国の思想や古典が取り入れられていて、新鮮に感じた。歴史上登場人物たちとオリジナルがどう絡んでいくのがwktk

    【読了】
    一言で言うなら、勉強になった。登場人物の多さと、知識の挟みこみで、物語としてはスピード感がない気がした。でも、終盤の武田軍との戦いは面白かった。

  • 三国志で気に入った宮城谷氏の日本の戦国武将のお話。聞いたことない人物の話で、なかなか読んでいてもとっつき難い感じ。ただ、物語後半になると勢いよく読めました。徳川家康のおじいちゃんの時代から物語は始まります。

  • おもしろいんだが、何故か遅々として進まない。文章が堅固だし、呼吸が合わんのもあり、とりあえず読みづらいったらない。ちなみにが多すぎる。最後まで辿り着けるか今から心配。

全19件中 1 - 10件を表示

風は山河より〈第1巻〉 (新潮文庫)のその他の作品

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風は山河より〈第1巻〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする