群雲、関ヶ原へ〈上〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.03
  • (27)
  • (9)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (674ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101446219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こういう関が原の描き方は他にないんじゃないかと。徳川家康や石田三成のような主役だけでなく、マイナー大名まで含めて様々な人物の視点に立って豊臣家への思いや、なぜ家康方につくのか、何故石田方なのかが描かれていく群像劇。上杉景勝がややかっこよく描かれすぎかな、と思わないでもないけれど。司馬某の「関ケ原」みたいに変な艶ごとが一切描かれないのがいい。硬派といっていいけども読みやすい。大河ドラマの「真田丸」や「葵三代」など見ていると、描かれ方の違いや、もしかしてこうだったんだろうなあと想像をふくらませることができるのでいいですよ。

  • まさに群雲。少し欲張りすぎの感もあるが力作。
    上巻は関ヶ原前夜までだがかなり読み応えがある。
    戦国時代が好きならお勧め。

  • 関が原の戦いを、様々な人物の視点から描く連作短編集。


    徳川、石田、小早川はもちろん、

    鳥居、藤堂、氏家などマニアックな人物にも触れられており

    とても読み応えがあります。


    個人的には、とても好きな作品です☆

  • 上下巻

  • 改めて関ヶ原の戦いが全国規模の壮大な戦であった事を感じます。
    様々な心情を描く事で武将達の人間臭さが良く表れていたかと。
    関ヶ原モノには珍しいスタイルの物語です。

  • 上巻のみ。

  • 久々に良い本が読めました。
    今まで読んだ本の中でもトップ10に入る面白さです。

  • かつてこれほどまでに上杉景勝が持ち上げられている小説があったでしょうか(笑)連作短篇のような形式なのですが、多くの登場人物を出しそれぞれに個性を出させ更にひとつの話に纏め上げる作者の力量が凄い。

  • 何よりも景勝の扱いに瞠目

  • 関ヶ原を描いた小説のもうひとつの最高峰。すごいよ。

全13件中 1 - 10件を表示

岳宏一郎の作品

ツイートする
×