群雲、関ヶ原へ〈下〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (11)
  • (7)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (666ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101446226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 関ヶ原小説決定版の下巻。。
    本戦についての記述は文庫上下巻約1300頁のうち100頁あるかないか。
    つまりそこに至るまでの膨大な軌跡の積み重ねとしての関ヶ原が描かれている。
    それこそ関ヶ原エピソードは大物小物含めて、ほぼコンプリートしてるのではと思うほどです。
    1598年から1602年が濃密に体験できる1冊でした。。

  • ほんとに良かった。上巻でもうすぐ関が原じゃないの?と思ってからもしっかり続く。まあ関ヶ原後が描かれてないに等しいけど。東軍が勝ったとはいえ、毛利・小早川が本当に家康の考えどおりに動くのか、歴史は決まっているのに、大丈夫か?と思ってしまうくらい、実は西軍も勝利に近かったことがわかる。また、東の上杉、西の黒田に関しても知識を得られるのはいい。返す返すも黒田の治世というのを見てみたかったなと思ったり。

  • ※まだ本棚です

全3件中 1 - 3件を表示

岳宏一郎の作品

ツイートする
×