贈られた手―家族狩り〈第3部〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (113)
  • (197)
  • (322)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 1308
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101457147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと折り返し…
    一家心中も、何だか他殺の線もありそうで、動物殺しと無関係なのか、どれがどの事件と関わりがあるのかまだまだわからない…。

    淑子達、児童相談所は、電話相談をしている山賀に、行政や社会という解決策のない問題の根源かのように捌け口にされ、さらに玲子の親の駒田も現れ、無力感にうちひしがれる。
    さらに70を越えた祖父が部屋で女性とセックスしているから注意してくれと大家に頼まれたり、すっかり変わった優しいジージのイメージが崩れる。少なくとも自分の親や祖父母には性的な事から卒業していてほしい、しているはずだと思い込むことで、問題を先送りにしているのではないか…と理性はわかっていても、感情的にわだかまる。

    巣藤の勤める教え子が亡くなった事でマスコミ等がやってくる。芳沢亜衣は摂食障害行動や自傷行為をするようになり、テレビの取材で問題発言をし、引きこもるようになる。自分の衝動をコントロールできないが、親は子供の行動が理解できない。
    巣藤自身は芳沢の行動と自身の言動から謹慎に。
    昔のヤンキー風教え子と話して、自分がピエロと呼ばれていることを知る。やっと自身の問題に目を向けられるようになってきたが、自分が考えているあいだ、周囲は動きを止めてるとでも思ってんの?ひどいこと言われて、味方にもなってくれない、そんな人と一緒に上手くやっていける?と彼女に最後通告を、つきつけられる。

    馬見原のところは動物の死骸の問題がさらにエスカレートするし、油井がとうとう綾女親子の元へ現れる。
    俺は病気だった、やり直すには家族がいるという。自分の子供の頭かち割っておいて、息子にも俺を許させるチャンスが必要と語る油井も信じられないが、自分の妻子の問題から目を背けて、綾女達に期待を持たせたままの馬見原が反論しても全く説得力がない。

    世界の問題には目を向けても、家族の問題にはどうしても感情が先に立って向き合うのが辛くなる。
    古代ギリシャから存在する難しいテーマだ。

  • またひとつむごたらしい事件が起きて、馬見原の刑事としての暴走もいっそう…。ずっと無関心をつらぬいていたように見えた巣藤が変化していくこの巻だが、亜衣はどうなっていくのかなぁ。

    油井の言葉に危うくほだされそうになった私はやっぱり甘ちゃんなのかな。だって、馬見原はせっかく真弓と仲直りさせようっていう佐和子の気遣いも、気付いてるくせに受け入れようとしないじゃない。綾女たちが気になるのはわかるけど、自分の家庭とも向き合おうよ…。

    電話相談員の人が怖い。。

  • おやじ狩りにあった美術教師の男性と元不良の青年とのやりとりに、心が温かくなる思いがしました。

    そして、今回は【愛】という言葉が私には気になりました。
    言葉にすると、何となく白々しい思いがしてしまう。
    それを一生懸命に説く人にも、何か違うものを感じてしまう私ですが、言葉や行動に表さないと、また伝わらないものだとも思います。矛盾してますよね、私。【愛】という響きが自分のなかにストンと落ちた時、それは本当のものなのかもしれないと思いました。

  • またひとつ無理心中に見える一家惨殺事件が起こる。そしてその周りには 浚介がおり 馬見原がおり 亜衣もいる。
    あることから逃げ出さずに立ち向かおうとすると もう一方のあることが壊れそうになる。今、たった今この時に 本当に考えなければならないことは何なのか? 手を伸ばせば届く身の回りのことなのか、それとも雲を掴むような遠い所のことなのか。両方を一度に胸に抱くことは不可能なことなのか。

    浚介は、教師になりたての頃 たった半年教えたことのある元生徒と出会うことで 闇の中にひとすじの光を見た心地なのではないだろうか。僅かでも明日につながる何かを感じられることが これほどほっとさせるものだと 改めて感慨深い。
    救いのない沼の底にいながら 第一部・第二部とは ほんの少しだけ光の色が違っている第三部だと思う。第四部では もっと明るく温かい色味を感じられることを願う。

  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    ピエロ。浚介は、生徒たちからそう呼ばれていたのだという。ふたつの事件を経て、虚無に閉ざされていた彼の心に変化が訪れていた。ピエロ。馬見原は今そう見えるだろう。冬島母子を全身全霊で守っているにもかかわらず、妻や娘との関係は歪んだままだから。また一つ家族が失われ、哀しみの残響が世界を満たす。愛という言葉の持つさまざまな貌と、かすかに見える希望を描く、第三部。

  • 主要な登場人物たちはみな、「家族」という見えないものに囚われているように感じた。
    親が子を虐待する。そして虐待された子は大人になって今度は虐待する側になる。
    負の連鎖はいったいどこで止まるのだろう。
    愛されて育った子どもは虐待には走らない…。
    これも都市伝説のような気がする。
    だって、虐待するもしないも個人の問題だと思うから。
    虐待されて育った人間すべてが大人になって虐待をするわけじゃないだろう。
    それとも、個人ではどうにもならない見えない何かがそこにはあるのだろうか?
    馬見原や綾女にとって油井は絶対的な悪だろう。
    立ち直るためには家族が必要だという言い分も、結局は自分の都合だけで相手への思いやりはない。
    傷跡が残るほどの暴力を振るわれた研司が、その恐怖を簡単に忘れるとは思えない。
    だが、馬見原自身も真弓にとっては悪でしかない。
    厳格に接し自分の思い通りに育てようとした長男は事故死した。
    息子の死から逃れるように家庭を顧みず、娘は非行に走り妻は心を病んだ。
    そしていまも、そのことに向きあう勇気が馬見原にはない。
    もっと単純に「愛しい」という感情を表に出せたら。
    どうにもならなくなってからでは遅すぎる。
    事件に遭遇したことで巣藤の中で変化が起きたことが、唯一よかったと思えた場面だった。
    大人になってから自分を変えることは難しい。
    けれどきっかけさえあれば、そして変わりたいと強く思う気持ちさえあれば、きっと人は変われるのだと思う。
    登場人物は出揃った感がある。
    第4部ではどう物語が展開していくのか。
    楽しみではあるが怖い気もする。

  • じわじわと真相に迫っていってる感はあり。でもまだはっきりとは見えてこない。今回はラストの殺人シーンもなく、更なる事件は次の巻へ持ち越しでしょうか。まだひとつふたつ事件が起こって、そこからクライマックスへ、ってところかな。

  • 登場人物が魅力的すぎるぞ!!浚介の変容がすごくありありとしていて、僅かな光明と諦念にまみれている感じが生々しい。今の所、主人公は彼です。

  • 事件がどんどん展開していって、殺人犯がいるならそれは誰かと気になってくる3部作。

    わたしも、誰かがどうせ自殺するなら、その前にボランティアや何か社会に役に立つことをすれば良いのでは、と考えたことがある。でも、きっとそういうことできないから自殺するのか。確かに、世界には生きたくても生きられない人がたくさんいるが、人間がこの世に存在するかぎり、この矛盾は消えることはないのだろう。

  • ドラマ化

全98件中 1 - 10件を表示

天童荒太の作品

贈られた手―家族狩り〈第3部〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする