ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (661)
  • (1015)
  • (1261)
  • (42)
  • (6)
本棚登録 : 6219
レビュー : 684
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ第2弾。

    今回は短編集。
    テンポ良く読み進められたので、早く続きが読みたいなぁって感じです。

    どんどんしゃばけの世界に入っていってる気がします。
    一太郎の成長していく様子が見られると思うと楽しみです。

  • 短編集。

    相変わらずの面白さ。それと、若だんなの病弱さ。

    妖たちもかわいい。

  • このシリーズめちゃくちゃ面白い。
    半妖の主人公と、仕える妖怪たちというありがちな構成だけど、他の本と違うのは、読んでて背中がひんやりするというか、ほのぼのした話なのになんだか怖いんだよね。
    なんでだろう、主人公が淡々としているからか、一見忠実な妖怪たちがたまに主人公にも分からない不気味な顔をするからか…
    これ漫画にもなっているのかな?漫画にしても凄く面白そう。

  • 前回とは異なり短編がテンポよく続く一冊。各キャラが掘り下げられていて前作読了かつ虜になってしまった私にとってはとても楽しく最後まで読めた。

  • とても楽しい一冊。
    前作の登場人物で人気投票をしたら、おそらく
    上位に来るだろうな、という面々がメインの短篇集。

    前作では今市子さんの百鬼夜行抄っぽいと思ったのですが
    今回は「ん?これは里中満智子さんの『海のオーロラ』っぽいぞ…」
    「ここは川原泉さんの『中国の壺』っぽい…」と思いながら読んでいました

    それで気づいたんですが、しゃばけシリーズって
    ベースが少女漫画なんですね。
    キャラの魅せ方もそれっぽいし、流れも少女漫画の
    コマ割りを連想させます。
    だから極端なエログロが出てくるような心配もないし、
    最後は綺麗におさまるところにおさまるので
    安心してのんびりと世界に浸ることができます。

    すっかりしゃばけの世界にしてやられてて
    その世界から抜け切れていない自分がいます…

  • しゃばけシリーズ第二弾。
    前作が気になるところで終わってたので、楽しみに読みました。
    が、ちょっと設定が戻っていて兄、松之助との関係が把握できなくてやきもきしました。
    松之助との関係性より妖達との関係に比重が置かれているから?
    今回は短編集。
    さっくり読める中でも、仁吉の失恋物語がとても読み応えがあった。

  • 日本橋の大店廻船問屋長崎屋の一人息子は超虚弱。超甘々の祖父母が彼の守役に妖を二人つけた。
    妖に囲まれて過ごす若旦那が遭遇する短めのお話たち。
    1作目は長編だったのですが、2作目は短編集です。ほろっと優しかったり切なかったりのお話が6本。
    どれも心穏やかにするりと読めてしまいます。
    この時代、生活に不自由しないということは、相当な財力を要することだったんだなぁと変な所に感心したりしました。
    ストーリーそのものは奇想天外だったりしないのですが(いや、ファンタジー時代劇という設定そのものが奇想天外といえばそうなのですが)、この頃の大店と小商い、振り売りや、お店の奉公人の生活などが垣間見れるのも楽しいです。

  • 今日も元気に寝込んでる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみ栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり………。でも、こんな時こそ冴えわたる若だんなの名推理。ちょっとトボけた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第2弾、ますます快調。

  • 2巻。こっちの方が面白い!すごい世界観。もう止まらない感じがする。目の前にお江戸が広がり、町人たちが行き交う。その中で素晴らしい物語が展開される。義理、人情。やっぱお江戸は良いですね!

  • きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品は布団から泣き声が聞こえたり…。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。

全684件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする