ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (517)
  • (830)
  • (1096)
  • (29)
  • (3)
本棚登録 : 5441
レビュー : 517
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニメ化して欲しいなあ

  • 「しゃばけ」シリーズの3作目の本作も短編5編の構成でした。本作も2作目同様、病弱の大店の若旦那 一太郎とそのとりまきの妖怪たちが、一太郎のまわりで起こる大なり小なりの事件を解決していく展開なのですが、どの話も一太郎が鋭い眼力でテンポよく解決の道筋を描いていき、その過程で一太郎が人間として成長していく過程が、なんとも面白いですね!どんどんシリーズ作を読み進めていきたいと思います!

  • 続いて、若だんなを守っている妖の一人(?)佐助の過去が明らかに!!!

    やめられない、とまらない。かっぱえびせん状態です

  • シリーズ第3弾。
    江戸時代が舞台の時代小説。
    主人公は病弱な江戸の大店の若旦那一太郎。
    親に溺愛され、妖怪たちに守られているという面白い設定。
    身内に降り掛かる事件や、妖怪が見えてしまう子供が出てきます。
    短編連作。

  • いつもと違って若だんなが元気なところから始まって、ちょっとびっくりというかなんというか。(^^;
    だんだん、妖怪が出てくるのが自然になってきて、推理ものの特徴が出てきているなぁという印象です。
    なんせ、推理小説では有名な某トリックまで出てきていますからね。
    それでも今回は「茶巾たまご」が一番好みだったかな。(^^;
    推理以外のところの印象がとても良かったです。
    新キャラクターも出てきますし、シリーズとして安定感が出てきましたね。

  • 妖とのやり取りがいい。

  • 2018.5 再読

  • しゃばけ3作目。1作目を読んだときは、面白かったけど正直そこまででしたが、なんとなく読み続けているうちに、世界観にはまってきました。仕事帰りで疲れている時に、気を張らずにさらっと読みたいシリーズです。2作目以降、章毎に完結しているのも読みやすいです。

    「産土」は最後まで完全に勘違いしていたし、ホラー要素ありで背筋がぞくぞくしました。
    今作では「たまやたまや」が一番好きです。一太郎がかなり自分で他出しており、面白かったです。

  • ヘビーな内容のものを読んだ後になにか軽めのもの、と思い積ん読本の山から抜き出しての読書。

    例によって例の如し。
    妖怪が直接絡んでくる「産土」が好み。
    他はまぁ、妖怪がいてもいなくてもな話。
    それにしても鳴家達の登場するシーン多いな。

  • 2018/1/19~1/22

    お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第三弾の、始まり始まり!

全517件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする