おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4626
レビュー : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.3

  • 迷子になってしまった鳴家の大冒険?が可愛らしい。

  • もー、しゃばけワールドにどっぷりw
    思わず吹き出したり、しんみりしたり。
    お江戸を闊歩したくなります!

  • うーん、前の作品の方が泣けたかな…こわいは気味悪さがよく表現されてた

  • 作中公式のイケメンはともあれ屏風覗きが好きです(人´∀`)

    割り切れない話が好きなんだな。
    一方おまけのこのようなCawaii話も好きです。

  • 畠中恵さんのしゃばけシリーズ4作目。相変わらずひ弱だけど頭の切れる若だんなと妖たちの話。
    安心して読める優しい内容だと思う。

  • シリーズ第4弾。短編集。
    語り部がお雛だったり、家鳴だったりで飽きずに楽しめます。
    そろそろ長崎屋に妖がいる説明はいらないのでは、と思い始めます…

    今回のお話達はどれも深い、やや重い話だった気がします。うまくいかない事を思い知らされるというか。
    それでも読後感がほっこりするので読み続けられます。
    家鳴の冒険譚は、家鳴が頑張るほど微笑ましく、剣呑な事件も起きてるのだけど笑ってしまいます。

    「こわい」
    栄吉と喧嘩した若旦那が仲直りのきっかけに、狐者異が持っているという職人の腕が上がる薬を手に入れようとする。

    「畳紙」
    厚塗りが止められないお雛が屏風のぞきに悩み相談をする。

    「動く影」
    一太郎と栄吉が仲良くなったきっかけの昔話。

    「ありんすこく」
    一太郎が妓楼の楼主と父親に頼まれて禿をこっそり廓から出してあげようとする話。

    「おまけのこ」
    真珠の取り合いに巻き込まれてお店の外に放り出された家鳴の冒険譚。
    長崎屋では真珠を騙し取ろうとした犯人探しをし始める。

  • しゃばけシリーズ④

  • 「こわい」はとても憐れな妖。「畳紙」は再登場お雛ちゃんと屏風覗きの掛け合いが微笑ましい。「おまけのこ」の主役は鳴家だけど、このへんから鳴家のキャラが愛玩化していった気がする・・・それまでは普通に喋っていたのに。

    「こわい」「畳紙」「動く影」「ありんすこく」「おまけのこ」

  • しゃばけシリーズ第四弾。相変わらず体弱すぎな若だんなと若だんなを甘やかす周りの妖かしたち(笑)
    しかし、若だんなを小脇に抱えたり布団蒸しにするあたりは甘やかしてるのではなくて嫌がらせしてるのか?と言いたくなる(笑)
    このシリーズは文字で読むよりコミックの方が楽しめそうな気がするのは私だけかなぁ^_^;

全416件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする