おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4627
レビュー : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • シリーズ化されている「しゃばけ」の第4弾なのですが、シリーズ前作をまだ1冊も読んでいなくていきなり4弾「おまけのこ」を読みました。
    第4弾から読んでも楽しく引き込まれて読めてよかったです。
    病弱でひ弱で一年のほとんどを布団の中で過ごしている江戸の大店の若旦那と優しい妖(あやかし)達。
    病弱でも一生懸命に友達のために人のために何ができるか知恵を絞っている若旦那がすごく愛おしくなりました。優しい気持ちになれます。
    シリーズ読んでいこうと思います。

  • 偉大な妖怪のおばあさまが祖母の薬問屋の若旦那。
    おばあさまの血のおかげで妖怪を見れるがめっぽう体が弱い。
    そんな若旦那を見守る半妖の兄や、幼馴染で和菓子屋の若旦那たち。
    その周りでさまざまな妖怪が事件を起こす話。

    挿絵が可愛かった。
    ストーリーは悪くないのに退屈。
    誰からも好かれない妖怪として生まれついた「こわい」の話が一番心に残った。

  • 内容紹介
    一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。じっくりしみじみ、お楽しみ下さい!
    内容(「BOOK」データベースより)
    一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。

  • この著者の小説は初めて読みましたが、たまたま読んだ本著はシリーズものの第4冊らしいです。大店の若旦那が主人公の時代物で妖怪やらが出てくる短編のミステリーもの。こういう設定は嫌いじゃないんですけどね、どうも落ちが今一つ。シリーズ化するぐらいなので、この前の巻は面白いのかもしれませんが。

  • 兄やたち以外の妖たちが大活躍で、あたたかいしゃばけシリーズでした。
    お雛さんがかわいいなあ。お江戸の乙女も、平成の乙女も、同じように悩むのです。おとこのひとは、やっぱり薄化粧がすき?ついつい濃くしたくなっちゃう乙女心もわかってね、殿方。
    2013.07.27

  • ほのぼのとした妖怪探偵話。もう少し、怖いところがあってもいいかな。

  • 同じ妖怪はおろか神仏からも厭われ、恐れられ、“怖い”という言葉の語源にもなったという妄念と執着の塊「狐者異(こわい)」の、身の置き所のない孤独と憤りを垣間見る『こわい』。
    厚化粧をやめられないお雛がなんとあの屏風のぞきを相手に夢の中で人生相談。けれど屏風のぞきだけに口が余計でつい手が出て水をかけたり殴ったり…。はたしてお雛が素顔で笑える時は来るのか!?『畳紙』

    全5話収録、今回は屏風のぞきや家鳴りが大活躍のしゃばけシリーズ第4弾。

  • おしろいを塗り捲る女性の悩みを屏風のぞきが解いていく。
    脇役を主役にしちゃったお話で、登場人物に愛着がわいてしまう。

    動く影は、若旦那が子供のときの話し。日本昔話のように読めます。

    おまけのこ。家鳴りが大活躍。
    そして、たくさんの他の家の家鳴りの 中から若旦那が見つけ出したときの家 鳴りの喜び方。 謎解きより、妖怪たちの言葉や仕草に 感動してしまいました☆

  • 「しゃばけ」シリーズ第四弾。
    ゆるい。読みやすい。考えなくていい。

    ただ、連続して読むとダレる。
    第五弾もあるけど、ひとまず休憩。

    家鳴達可愛すぎるだろ!

全416件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする