おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4629
レビュー : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これまでしゃばけシリーズにでてきた人物や妖たちが出てくる短編集。もう少し若だんなの活躍が見たかった。

  • しゃばけシリーズは読み終わるとほっこりするが、この作品のおまけのこは本当にあったかい気持ちになる。またこわいの章では誰からも嫌われる狐者異。妄念と執着から出来た妖。関わったものに不幸を3つも4つも与えてしまう性。そんなものに心が宿ってしまうとなんとも悲しくなる。どうしようも出来ないことって、本当にどうしたらいいのか。考え方を変えるのか。

  • 2011.3.5読了。
    しゃばけシリーズ。
    人とも妖にも仏にすら忌み嫌われる狐者異こわい。
    若旦那と栄吉の幼い頃の仲良くなったきっかけのお話など。。

  • 相変わらず読みやすい。
    けど、若干マンネリ化してると思うのは何でだろ?

  • 『しゃばけ』シリーズ第四弾。今回は「こども」がキーワードかな??
    いちばん好きなのは『畳紙』です。今までのどの話よりも好きです。文章力に首をかしげながらも、買い続けて良かった――って4巻まとめて買ったんだけど。

  • ここにレビューを記入してください

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする