おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4627
レビュー : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズの第4弾。
    すごく病弱だが心優しい長崎屋の若だんなとそれを取り巻く妖たちが起こすドタバタ劇。

    どの作品も心の暖かさや思いやりにあふれていて和む。鳴家が特にかわいい!

  • なんというか、今回も最初の話が印象深いなぁ。
    つかみがしっかりしているということでしょうか。
    読む人それぞれに一番印象に残る作品が分かれそうな、そんな、バラエティー豊かな短編集になっていますね。
    若だんなの子供の頃の話も、厚化粧の前作登場のキャラクターの話も、鳴家の冒険譚もそれぞれの異なった味わいがとても楽しかったです。

  • 安定の面白さ

  • 5話の短編集。今回は「屏風のぞき」や「鳴家」等が主役の話が有り、面白かったです。主人公の一太郎の幼い頃の話も興味深く「一旦相手が怪しいと思うと、何もかも疑わしい思えてくるものだ。」の一文は確かにと思う。

  • うーん、シリーズものなので懐かしい感じはあるけど、やっぱり宮部みゆきの時代モノと比べてしまう。。

    今回は特に、悪い意味じゃなくて、小さい子が読むには分かりやすくていいかもです。

  • 相変わらず、手代二人は若だんな至上主義なんだね・・・。
    今回は屏風のぞきが素敵!

  • 人の子も、妖怪も、誰かの優しさで前を向く。

    しゃばけシリーズ第四弾。おなじみのキャラクターに焦点を合わせた、若だんながメインにならない話も、しゃばけワールドにハマったわたしには嬉しくて。特に厚化粧のお雛ちゃんと屏風のぞきのやり取りがおかしい「畳紙」がお気に入り。

    「こわい」栄吉と喧嘩する若だんな。職人としての腕が上がる妙薬があったら、どうする? 心の弱いところにつけ込む狐者異の薬。鼻つまみ者の狐者異に同情する若だんなの気持ちは、彼に受け入れられることはなくて。

    「畳紙」厚化粧を止められないお雛。誰かが自分を想ってくれているとわかるからこそ、踏み出せない気持ちと、頑張れる勇気。お雛と屏風のぞきの凸凹トークが面白い。

    「動く影」一太郎と栄吉の思い出話。幼い頃、動く影にさらわれるという噂を聞いて、一太郎は栄吉と共に調べに行く。思い出と自信。

    「ありんすこく」若だんなが吉原の禿を足抜けさせる!? 人々の優しい思いが集まる中、一人の苦しい気持ちが計画を狂わせる。割り切れない気持ちをまだ読み切れない若だんな。

    「おまけのこ」鳴家の大冒険。親が子を想う気持ちがねじれて事件に、その一方で、鳴家は……。鳴家パートは、番外編のような、かわいらしいお話。

  • 恵と言う妖に暫く惑わされていたが今回は呪縛が解けたようです。ほのぼの感はそのままに妖しさが薄れ何か騙されたようです。これも術中なのかな?妖がとても人間的なのです。
    それがつまらないのです。ぐだぐだ言わずザックリ読めばいいのかな

  • 迷子になってしまった鳴家の大冒険?が可愛らしい。

  • 畠中恵さんのしゃばけシリーズ4作目。相変わらずひ弱だけど頭の切れる若だんなと妖たちの話。
    安心して読める優しい内容だと思う。

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする