おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4627
レビュー : 416
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ4作目。

    どの作品、文庫を読んでも
    いまいちな作品がないくらい
    サクサク読めるしハマってます◎

    今回も心あったまるものから
    切ない作品まで揃っています。
    個人的には表題作のおまけのこの
    家鳴が奮闘する様にほっこり♪

    今後の作品にも大いに期待^^

    • hyoshi52さん
      よっしーも「おまけのこ」まで読みました。毎回、安定した面白さですよね。「いっちばん」まで積んでます。次の「うそうそ」も楽しみ(^^)
      よっしーも「おまけのこ」まで読みました。毎回、安定した面白さですよね。「いっちばん」まで積んでます。次の「うそうそ」も楽しみ(^^)
      2012/09/09
  • 家鳴り可愛すぎかっ!!
    屏風のぞきいい男すぎかっ!!
    思わず突っ込みたくなる愛しさ全開の4巻でした。ごちそうさまです。

  •  表題作「おまけのこ」がとにかく可愛かったです。
     やなりの目線パートも面白かったし、若だんなパートでやなりが「うちの子」連呼されてたのもツボでした。やなりが最後安心して寝付くまで、きゅんきゅんしながら読みました。
     他の短編では、「こわい」は切なすぎて、あんまり好きになれなかったです。生まれながらに仏様にも嫌われるって救いが無さすぎます……。
     「ありんすこく」は以前のしゃばけシリーズのあとがきで予告されていた「吉原の女人と若だんなが駆け落ちする話」でした。まさかこんなに色恋関係ないお話とは……。楽しみにしていたのに。でもこれもすごく若だんならしいです。若だんなってそろそろ結婚適齢期みたいなのに、こんなんじゃ先が心配です。いつかちゃんと色恋沙汰のストーリーがよみたいな。できれば長編のハッピーエンドを望みます。
     「動く影」は「われ」と子供言葉(なのかな?)で頑張る幼い若だんなが可愛かったです。
     「畳紙」は江戸情緒溢れつつ、お雛ちゃんの悩みになんとなく現代的な精神構造を感じました。

  • やなりいいいい!

    最後に入っていた短編、おまけのこは、よくあるおちびちゃんの冒険譚ですが、だからとても面白いし可愛い。
    あと声を聞き分ける若だんな、サバンナでトラとかライオン見分けてる学者みたいでとてもかっこいい。

  • 畠中さんのしゃばけシリーズ4作品目。

    廻船問屋兼薬種問屋の一人息子、若だんなと、若だんなを見守っている家族や友人、そして妖が繰り広げるファンタジー。

    おまけのこというタイトルのものは、やなりが大活躍とともに、若だんなのことを本当に慕っているとわかるほのぼの話。

    読めば読むほどこの世界にはまっていってしまう!

  • 安定してきましたね。
    ここぞのシーンはやはりとても絵画的で、
    そのシーンのために書かれている感じがあります。

    特に動く影が一番好きになりました。
    うごめく不気味で妖しい影の中を、
    手をしっかり握りあって走り抜ける大きい子小さい子。
    病弱な一太郎も倒れることなく、むしろ初めての友達、
    初めての大冒険にキラキラして走っている様子が目に
    浮かび、ちょっと泣きそうになりました。

    表題作のおまけのこもいいですね。
    家鳴りは本当にペットのよう。
    やることなすこと、なんだかうちのインコのようです。
    犬を飼っている方はうちの犬っぽいなとか思われて
    いるのでしょうか?

    またじんわりと温かい気持ちを味わいたいので
    シリーズの続きも読みます。

  • またこの世界にはまってしまった。一気に読みたくなるような話が今回も満載の一冊。特にあまり語られなかった家鳴りがキーパーソンとなるタイトルのおまけのこはいつもの若旦那の推理もさえることながら、家鳴りの大冒険にもドキドキ。

  • しゃばけリーズ短編集。
    若だんなと妖たちの話は、温かい気持ちで楽しめるのだが、
    「こわい」は一味違ったどうにもならない悲しさが胸に響いた
    「動く影」は若だんなの幼い頃が微笑ましく、「おまけのこ」は鳴家の冒険が可愛らしく思えました。

  • 安定のほのぼの。
    これの前に読んだ「ぬしさまへ」で感じた苦さは感じられなかった。
    それに代わりやや説教臭さが加わった。
    この先のシリーズはほのぼのプラス何になるのだろうか楽しみ。

    鳴家という家に憑く妖怪が家から離れても存在できるとは面妖な。

  • お江戸の安楽椅子探偵、若だんな一太郎。
    本巻は、若だんなシリーズ第四巻。
    あやかし(妖)達が活躍する一冊。
    妖は、人や物の思念が実体化したものだとするならば、元となる人の思いは、いかほどか。

全416件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする