うそうそ しゃばけシリーズ 5

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (318)
  • (589)
  • (557)
  • (40)
  • (8)
本棚登録 : 4070
レビュー : 352
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長編。いつもの短編いっぱいではないのですが、相変わらずに読みやすさであっという間に読み終わってしまった。
    今回は佐助、仁吉が前半ほとんど若だんなのそばに居ないという異常事態の中、人さらいに合うわ、地震にあうわ、謎の少女に嫌われるわと盛りだくさん不幸が舞い降りてきます。
    そんな中、出会った籠担ぎ(雲助)の新龍が物語の要所要所でちょっかい出してきます。
    昔話をしたり、はたまた人さらい側の籠を担いでみたり…。
    今回から新たな付喪神おししも登場して、さらににぎやかになる若だんな達。
    妖と神様に挟まれる若だんなの運命は如何に?
    面白かったです。

  • お馴染みの若だんなが大活躍。
    あやかし、てんぐ、そして、神様。
    多彩な才能が広がりを見せ、そして、収まって行く。
    うん、楽しい。

  • しゃばけシリーズ第5作め、長編。

    若だんなが箱根へ湯治旅行に向かうが次々とアクシデントが…。
    神や妖、人の思いが色々と絡み合い、若だんなはゆっくりお湯に浸かるどころかお江戸以上に頑張ってしまう。

    新たな仲間、印籠の付喪神、お獅子はこの先も出てくるんだろうか?鳴家とのセットが可愛らしかった。

  • 第1作目の『しゃばけ』以来、久方ぶりの長編作品。
    フジテレビにてテレビドラマ化もされている。

    舞台は箱根だが、芦ノ湖といい、富士山といい、
    そういった設定も活かしてのストーリー展開がなされている。

    展開はとてもテンポよく、そして早く、
    さくさくと読み通せてしまった。

  • 久しぶりの長編!わくわく読む手が止められなかったです(*´∀`)


    若だんなが江戸から離れる話なんて…

    絶対面白いに決まってるけど、大丈夫か?!倒れないのか?!


    っていう、私が完全に兄や側の考え方になっている事に驚きました笑

    『己の信ずるものの為に行動することが本当に正しいか?』を考えさせられるお話でした。

    お互いに信じるものを守る、役目を果たすための行動は立場が変われば、それは悪にもなる。本当の正義なんてないということを妖たちは知っているからこそ、自分達の守るべきもの(姫神や若だんな)が第一の行動を自信を持って取るんだなぁ、それが他人から見ればおかしな事でも。

    正義のために!って高らかに言って行動することほど、朧気で危ういものはないと考えさせられる本でした!

  •  しゃばけシリーズ久々の長編でした。
     お比女ちゃんと、赤ん坊のようにおんぶされる若だんなが可愛かった一冊でした。
     やなりも小さいお獅子も大活躍!
     でも若だんなに不幸が続きすぎて、なんか可哀想でした。結局湯治も出来なかったし、活躍したのに最後は寝込んでいるし、それなのに兄やには嫌味を言われているし……。
     読み応えはあったけど、しゃばけシリーズはやっぱり短編のほうが好きだと思いました。

  • 謎から始まるパターンはよくありますが、序盤謎が多すぎてちょっとイラっとしました(笑)若旦那の「役立たずはつらいねえ」という言葉が重い。つらいんだろうなあ。結構嫌なやつがでてきますが、あんまりひどい目にあわないのは作者が優しいからかな。そこが好きでもあり、物足りなくもあり。

  • ハズレなしシリーズ。
    旅!旅できるの?若だんな!
    から読み始め。

    悪い人がいない
    素直に楽しめる。
    いつも通り
    カワイイわー鳴家。

  • 若だんな、旅に出る! けれども前途多難で……。

    箱根まで湯治に行くはずが、兄やたちとははぐれ、松之助ともども誘拐され、天狗に襲われ、と散々な若だんな。そこで出会ったのは姫神。彼女は若だんなに思うことがあるようで。

    自分は恵まれているとわかっていても、その境遇に気後れすることがある。分不相応だと思ったり、恵まれた境遇に対する自分の足りなさを感じたり、自分が期待はずれなのではないかと、境遇に対する責任を果たせないのではないかと、若だんなとお比女の感じる不安は一緒。でも、勇気を出して、できると思ったことからやってみる。

    気付けば松之助兄さんまで過保護になっている。今回も鳴家が大活躍。

  • 長編

全352件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

うそうそ しゃばけシリーズ 5のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする