うそうそ しゃばけシリーズ 5

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (319)
  • (589)
  • (557)
  • (40)
  • (8)
本棚登録 : 4078
レビュー : 352
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 300307345  B913.6-ハタ

  • 短編を読み慣れていますが、たまには長編も良かった。

    佐助と仁吉がいないと、こちらもとても不安になります。

  • 久々の長編。4巻までは長崎屋がメインだったけど、今回は箱根。

  • しゃばけシリーズ第5巻は久々に長編だ。若だんなこと一太郎が湯治のために箱根の温泉へ行くことになった。江戸から初めて出ることになるのであるが、普通の旅になる筈がない。山神と人間の間に生まれた娘・お比女ちゃんを巡る騒動に巻き込まれてしまう。

    若だんなをさらった武士達の思惑がなんとも空しくて堪らない。忠義とは名ばかりで己の出世のため、自然の摂理を破壊しかねない行動は、結果的に何も生む出すことはない。

    新たに仲間になった印籠の付喪神のお獅子が可愛い。

    “お獅子が巻き毛の尾を、ゆったりと嬉しそうに、左右に揺らしている。宿の庭に、早川の方から柔らかな風が吹いてきていた。”

  • いつもながらの安定感。

    温泉行きたいなぁ。

  • 母の本棚にあるシリーズの1冊。
    江戸の世、体の弱い若旦那が湯治のためにお付きの2人と兄と共に箱根に旅にでる話。
    心根の優しい若旦那とその若旦那に甘いが腕っぷしはめっぽう強いお付きの2人の掛け合いは 毎度のことながら 微笑ましい。体が弱い若旦那だけれど、妖が見えるからなのか肝は座っているのも魅力^_^。
    毎度良かった良かった、で終わるので安心して ドキドキ ワクワク たまにほっこりしながら読めました。

  • 鳴家とお獅子が可愛いのなんのって。

    中だるみしがちなこのシリーズの中では久々に続きが気になるお話でした。

  • しゃばげシリーズは短編位の長さがちょうどよいかなと思っていたけど、
    長編は長編で面白かった。
    若だんなの側に仁吉と佐助がいない前半がちょっと新鮮だった。

  • しゃばけシリーズ第五弾。1弾以来の長編です。いつもの面々が出てきたかと思うと、なんと今回は一太郎が江戸を出て箱根へ!あの体でよく・・・と何だか親のような気持ちになるのは、すでにしゃばけ世界に魅入られてるからでしょうか?
    舞台が江戸じゃなくてもその世界観は変わらず、いつもの面々も変わらず、あっという間に読みきりました。次回作も期待。

  • 2013/9/27

全352件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

うそうそ しゃばけシリーズ 5のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする