ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (288)
  • (502)
  • (338)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 3583
レビュー : 329
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1話目から火事に巻き込まれ死にかける若旦那(笑)
    この巻で若旦那は精神的に一回り成長したように感じました。
    「はるがいくよ」は切ない物語。皆が胸の内に抱えている不安や寂しさが伝わってきて、最後の2ページは涙がぼろぼろ。

  • 最後の「はるがいくよ」がすき。
    それ以外はあんまり入り込める感じじゃなかったかなー。

  • 今回は事件というよりも、一太郎とその周りのみんなの変化がメインな感じでした。

    はるがいくよ

    では、ふと植木職人が言った「桜は散るから綺麗なんだ」の言葉に心打たれました。

    小紅ちゃーん!

  • 数年ぶりに読んだしゃばけシリーズ。
    私がひねくれてしまったのか、マイペースな若だんなが鼻につく場面もちらほら…(^_^;)
    でも、基本的には妖達とのほのぼのとした日常の一コマ一コマに癒された。

  • なんのこっちゃ?やっぱり「ちんぷんかんぷん」。

  • 母が買ってくる本。

  • なんかこのシリーズだんだん飽きてきた。

  • L しゃばけ6

    残念ながらシリーズ脱落。
    もっと若だんなが歳相応の思慮深さを持ち合わせていれば脱落しなかったかも。なんでこんなに子供子供しているのか。もうお腹いっぱい。

  • 最後の章は泣けた…

  • なんだか若だんなは身に覚えのない事で恨まれるのか?今回は三途の川まで行っちゃうし。

全329件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする