ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (153)
  • (310)
  • (223)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 2321
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若だんなの目が見えなくなったのを軸に短編がいくつか。
    「けじあり」が面白かった。最後救いがあるのが良い。
    しかし今回若だんなは本当にとばっちりだ。お宝盗んだ方は堀に落ちただけで済んだと言うのに。

  • 短編集と思いきや連作。キャラの仕事がだんだん固定、定着されてきて、コミカルで楽しい。

  • しゃばけシリーズ第8弾

    短編だが、すべてつながっていて、若旦那の目が見えなくなり、光を取り戻すお話集。

    <はじめての>
    <ほねぬすびと>
    <ころころろ>
    <けじあり>
    <物語のつづき>

    生目神様がなんとも人間臭く、かわいらしい。
    仁吉と佐助はもちろん、妖たちも若旦那の事を心配している所が目に見えるようで本当に好き。
    <けじあり>では、佐助のお話のようだけど、どうしたの?と物語内の佐助と同様、「?」な感じで進んでいくところが、うまいなぁ。
    <物語のつづき>はとてもせつない。

  • しゃばけシリーズ

    若だんなの目が見えなくなった!
    長崎屋の妖たちは大騒ぎ!

    一丸となって若だんなの目の光を取り戻すべく奮闘する。

    今回もおもしろかったー。

  • しゃばけシリーズ8作目。
    若だんなや兄やたちの短編集かと思ったら繋がった話だった。
    若だんなが巻き込まれた災難。助けようとする兄やたち。だけど、いつもと違って回りに振り回されてしまい、そんな姿が人間ぽくて結構よかった。
    神様と人間との恋…。ちょっとせつなかった。

  • 仁吉頼られすぎワロタ

  • おなじみの若だんなと妖たちのシリーズの第八弾。今回は若だんなの目が見えなくなるという意表をつくストーリーではあるが、安心して楽しめる。

  • 若だんなの目が見えなくなり大騒ぎ!
    最後の対談もよかった。

  • しゃばけシリーズ、第8弾。
    長編というわけではないけれど、全体が神様話で繋がった巻になっている。
    いつも通りの弱々若旦那と甘々兄や達、可愛い妖達。
    周囲をほどほどに巻き込みつつ、新しいキャラも絡みつつ。
    でも収まるところに収まってほのぼの、なのは、若旦那のお人柄によるところが大きいよね。
    ほのかな恋話も良かったなあ。

    最後の萩尾さんとの対談は全然知らなかったので、そこまで行き着いて感激したよ。

  • 萩尾望都との対談が嬉しい。

全202件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする