ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (153)
  • (313)
  • (223)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 2334
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ8作目。
    今回は連続短編でした。
    このシリーズはガッチリ短編の方が好み。

    若旦那、目が見えなくなってしまいます。
    もう多少の事じゃ焦ったりしないんですね。
    若旦那が独り立ちする日を楽しみにしていますが、そしたらシリーズが終わってしまうのか。

    むむむ。どちらも捨てがたい。

  • 読み手に、ヒントが出されていつつも、結末を気付かせない話の運び、時代小説+推理小説+ファンタジーの融合ですね。

  • 若旦那の目が見えなくなった。
    どうやら神様の仕業らしい。
    若旦那を救うためにみんなが頑張る話。

    佐助が所帯もって、お店をするという話が好きだった。ビューティフルドリーマー。

    ラストはなんだかなあと。
    うっかりですまされないよ、神様。
    娘がずっと神様を待って寂しく暮らしていたらと思うと、切なくて仕方ない。

  • 妖達、安定の愛らしさ。ぞろっと揃うと賑やかで良いね。

    表題作が一番良かったかな。

  • 妖怪、神様寄りの登場人物が多かった巻。

    「けじあり」では、
    妖怪の癖にヘタレ、と思いきや、
    最終的には佐助の株が上がるオチ。

    「産土」のときもそうだけど
    佐助視点の話は詳しく書こうとすると
    ネタばれになる話が多いから困る。

  • 楽しかったー!
    仁吉と佐助。2人の兄やが本当に若だんなを大切にしている描写に、にやにやしていました。すごく過保護なのに、ときどき、若だんなの成長を黙って見守るときもあるのだなあ、と。
    若だんなを心配する他の妖たちも可愛かったです。

  • 今回の巻は妖だけでなく目の神様が出てきてなんと若旦那の目を奪ってしまうとんでも話!!
    貧乏神とかでてきたりはしたけど、若旦那を助けたい妖VS神様と言うのはどう結末が着くのかちょっと不安だったけど、そこはしゃばけシリーズ。
    安心安定の終わり方。
    この話を読んで神様というのも1人世の流れから置いていかれて悲しい寂しいと言う気持ちにもなるのか…と、ちょっと切なくなった。
    長崎屋の離に遊びに来て、若旦那達と友達になれたらいいのにね。

  • ・はじめての
    ・ほねぬすびと
    ・ころころろ
    ・けじあり
    ・物語のつづき
    一つ一つの物語が絡み合い、どこから読んでも面白い。
    どこかから読んでしまうと、きちんと前後を知りたくなる。
    どんどん引き込まれてしまう物語。よいよ。
    設定の確認
    いつ:若だんなが12才から19才くらいまでの話。
    場所:江戸
    登場人物:若だんな、仁吉、佐助、鳴家(やなり)、
    屏風のぞき、生目神などなど

  • 久しぶりのしゃばげシリーズ。
    ある日、突然若だんなの目が見えなくなるところからスタート。
    この若だんなの目を直すのが縦軸で、物語は進んでいきます。
    途中、佐助が夢の世界に行って、なかなか戻ってこなかったり、神様とのやりとりなど、相変わらずにぎやかです。
    さくりと面白く読める一冊。

  • しゃばけシリーズの八作目の本作は、短編5編でしたが、実は全ての話が繋がった長編作品でした。
    若旦那が目が見えなくなったことが物語の中心で、なぜ目が見えなくなったのか?どうすれば目が見えるようになるのか?というところで手代の仁吉と佐助の奮闘など、なかなか面白い展開でした!
    続けて九作目にいきます!

全204件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする