ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (153)
  • (313)
  • (223)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 2334
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 移動の友

  • 今回はホロリとする場面があまりなかったなー

  • 生目神様の最後の問いの答えが切なかった(>_<)

  • 物の怪が出ない分不完全燃焼感が残ります。

  • 人気のしゃばけシリーズ第8弾。今回も花のお江戸を舞台に、妖(あやかし)の血をひく廻船問屋兼薬種問屋長崎屋の若旦那・一太郎ぼっちゃんが安楽椅子探偵ならぬ病の床探偵?の大活躍。摩訶不思議なファンタジー。

    時々、畠中さんの作品を読みたくなる。怖くて、温かくて、そして時々ほろりとさせて。登場人物(妖?神様?)の個性も立っていて、とても楽しい。本格ミステリ嗜好の方には物足りないかもしれないけれど、この温かさ・安心感が大好きである。

    うちのコ達にもいつか読んでもらいたいなぁと思って大事にそろえています。文庫版の方だけどね(汗)。

  • おなじみな感じ…面白かったですが、真相までもうひと盛り上がり期待してしまいました笑

  • おもしろかったー。
    ほっこり穏やかな気持ちになれて、ほんとによかった。
    仁吉が妖たちに囲まれて困った気持ちになったシーン、すごくわかった。
    頼りになる人に頼りすぎるのっていけないことだ、ってわからないといけないよね。
    自主性って大事。

    若だんなの初恋も、ほんわかして、見守ってた兄やたちの気持ちがわかったなー。
    最後、泣いちゃった若だんなを優しく笑って見守ってるって、若だんなは本当に優しい存在に囲まれててよかったね、て思う。
    イライラさせられてもおかしくない主人公だけど、ほっこり見守っていられるっていうのはそれだけのものがやっぱりあって、畠中恵さんの腕なんだろうな。

    優しい文章がほんとに癒されるわー

  • 玉子焼きが食べたくなりました。

  • 久しぶりの一太郎 目が見えなくなってかわいそうでした。

    仁吉と佐助も必死になって なんとか若旦那の光を取り戻そうと たいへんでした。

    もっと、河童の話になるかとおもったのですが、 生目神さんのはなしになってしまいました。

    なんとなく とちゅうから話が読めちゃった感がありました。

    でも、家鳴りと一太郎はかわいいです。

  • 改めて目が見える喜びと時の流れについて考えさせられました。
    時間軸が違う生き方というものは時に残酷なものなのかもしれませんね。

  • 後回しになってたけど、リンカーン・ライム待ちの間に読了。相変わらずの可愛らしさ。でも今回は随所で甘さが気にもなり。ファンタジーとして読んだらいいんだろうけどなあ。

  • 仁吉や佐助が主役の話があってよかった。2人ともかっこいいです

  • 「神は人に、時に置き去りにされる」

  • 安定したおもしろさ。次のを読みたい。鳴家かわいいねえ

  • 今後も兄や二人それぞれがメインの話がたまにあるといいなぁ

  • 若旦那も色々と大変でやすね。

  • 1冊通して1つの問題を解決する、という、今までにない展開となった今作。ちょっとしたミステリーのようにもなっていて、特に「けじあり」などはドキドキ。
    また、人に恋した神や、未練や憤怒の果てに人間の域を越えてしまったもの、なども登場し、
    今までの“どこか憎めない妖たちのお話”とは少し違った「しゃばけ」を読むことができました。

    安定の★5つ!

  • 久しぶりのしゃばけシリーズ。一年に一冊刊行だったことは初めて知った。と、思う。
    短編集かと思ったら、連作で上手くつながって一つのストーリーだった!むしろその方が面白くて。
    仁吉や佐助の単独の話が面白かった。特に佐助の話。。
    神様によって視力を奪われてしまう話。神様にフォーカスが当たっていていろいろ興味深くもありました。

  • 今回は、若だんなの過去から話が始まったので驚いたのですが、後の話の前ふりなのでした。
    仁吉、佐助が若だんなから離れて別行動だったので、それぞれが主役の話が読めて良かったです。
    特に佐助はどうしちゃったの?と思いました(笑)

  • やっぱり、ほっこりする話です。

  • 好きなシリーズだし、読書中はいつもの妖(あやかし)達と若旦那の騒ぎも楽しかったのだが。
    ・若旦那の目が見えなくなった理由が納得できない。全然関係ないじゃない
    ・若旦那が前髪のころの今回の大元の一件って?
    ・兄や二人が頑張って玉が二つ手に入ったが、二つは要らなかった?

    何だかな~。品陀和気命って八幡様、応神天皇でしょう。らしくないな~。
    本筋じゃ無いとこまで気になっちゃって、今回はどうもねえ。

  • 相変わらずのペース感と変わらない若だんながこのシリーズの醍醐味☆
    「ころころろ」は擬音語だね。

  • このシリーズはもっとカラッとしたお話が多かった気がしたのですが、ちょっと重い感じがしました。
    「けじあり」はちょっと悲しかったです。
    早々に若だんなの目が見えなくなるのもちょっと・・・。

  • 若だんな に起こった病は神さまの仕業
    日本の神さまとは?ギリシャ神話に出てくる神様もそうだけど
    なんだか人間に近い感じがする。同じような感情があるような。

    神さまの 思いを解きほぐした若だんなってすごい。
    体が弱くてもそれがどうしたと言う気持ちになる。
    いつもの妖怪たちが、桃太郎や浦島太郎のその後のことを好き勝手に
    想像して話すのがおかしい。そんな場合もあるかもと納得できるのが不思議。

  • 江戸の大店廻船問屋兼薬種問屋長崎屋の一人息子の身体の弱い若だんなと彼のとりまきの妖たちが巻き起こすユニークな推理小説、しゃばけシリーズ第8弾。5編のストーリーでそれぞれなりたっていますが、全体としては、若だんなの失明の謎を解明する話になっていました。

    12歳のときに生目神とかかわっていた若だんなは、ある日急に目が見えなくなります。その原因が最初はわからず、忠実な若だんなの「兄や」たちは若だんなの目を治す方法をみつけるのに悪戦苦闘。どうやら、生目神に原因がありそうだということで、生目神を捜す旅に出た仁吉、夢の中で生目神の謎をとくため深い眠りへついた佐助。命がけの二人の活躍が実を結び、生目神が捉えられますが、そこには意外な過去と素顔がありました。

    なぜ若だんなの視力を奪わなければならなかったのでしょう。
    人間嫌いの生目神はしゃべらず、作者も謎のままにしているので、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。でも、あわてものの神様や若だんなの一大事に大活躍する鳴家たちの愛らしさは健在。主要登場人物のユニークさやその一途さに拍手したくなる本でした。

    しゃばけシリーズは、人間の弱さや人生のはかなさなどをやんわりと諭してくれます。『ころころろ』を読んで、それはシリーズ全体の大事なコンセプトなのだと再確認できました。

  • 相変わらず可愛らしい内容。
    二人の兄やがメインになってる話が多くて楽しめました。

  • あっという間に読み終わった〜!YONDA?の福袋欲し〜!!

  • 若旦那一太郎の目が見えなくなる話 連作短編集
    妖たちの若旦那を思う気持ちが前面にでている。ちょっとうるさいくらい。

  • この著者の文は、なんというか、やわらかい表現の日本語で、心地よく読める。

  • 若だんなの目が見えなくなる。仁吉や佐助は大騒ぎ。
    しゃばけシリーズ、連作短編集。
    相変わらずほっこりとして良い。
    佐助に奥さん?仁吉が大変なことに?と今回も盛りだくさんで楽しい。

全204件中 151 - 180件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする