ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (153)
  • (313)
  • (223)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 2334
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ8作目。
    今回も若たんなとお馴染みの妖怪たちが良い味だしてます。
    切なく、考えさせられる内容になって,そこに妖怪たちの可愛さが合わさって読みやすくなっている。
    安心して読める一冊。

  • なんかつぼりました、今回のは特に。
    続いてるんだけど、さらっと連作短編方式で区切られているのが、いつもながら読みやすいー。
    区切っててもらえると、歯止めがきくので、休憩できるので、助かります。

  • 若旦那シリーズ。再読。

    それぞれ、1話は若旦那の初恋、若旦那が目が見えなくなる2話。
    いつもクールな仁吉が意外な面倒見の良さをみせる3話。
    芯から強い男、佐助が女を救う4話、神だとていろいろ抱えてる生目神の話が第5話。

    全体で、目の見えなくなった若旦那に光を取り戻そうと皆が奮闘します。それぞれのキャラの意外な一面も読める1冊です。

  • 畠中恵のころころろを読みました。
    江戸時代の妖が活躍するしゃばけシリーズの8冊目でした。

    大妖の皮衣を祖母に持つ廻船問屋長崎屋の若旦那一太郎は病弱で、ちょっとしたことで熱を出して寝込んでしまいます。
    しかし一太郎は妖と仲がよいので、まわりには自然に妖が集まってきます。
    一太郎とまわりの妖たちが織りなすにぎやかな物語が描かれていきます。

    この巻では一太郎がひょんなことから生目神のたたりを受けてしまい、目が見えなくなってしまいます。
    一太郎の目に光を戻そうと長崎屋の番頭たちや妖たちが活躍します。

    まあ、マンネリ化の傾向はありますが、安心して楽しめるシリーズなのでした。

  • しゃばけシリーズ8作目。妖たち、特に鳴家達がいつもながらかわいい。最後の「物語のつづき」の結末はせつなかった。

  • 店頭で発見し即お持ち帰り♪

    今回は若旦那が・・・目が見えなくなっちゃうの??
    とちょっと驚きの展開
    普段ならあやかしと人情模様なのに
    今回は神様が出てきちゃうからさぁどうなるものやら

    相変わらずのテンポのよさと
    時代物とファンタジーがいいバランスでミックスされてる感に
    ぐいぐい引き込まれます

  • 今回は若だんなの目が見えなくなったり、佐助にお嫁さん!?と急展開の刊でした。ホントに佐助の一番が若だんなじゃなくなったらどうしようかと思いました。人と妖の時の流れが違うという現実に置いていく者と置いていかれる者の切なさが感じられました。
    そんな中佐助にでこぴんされる鳴家が可愛くて見たかったなぁ(笑)

  • 今回は、妖の世界だけではなく神様が関わってきます。
    全知全能の神様ではなく、心に(?)闇を背負った切ない神様…。
    目が見なくなった若だんな・一太郎が対峙します。

    毎回、病弱でお布団から離れられない一太郎ですが、家鳴りを可愛がり、誰に対しても毒を吐かない優しさにほっこりします。

    相変わらず、仁吉も佐助もカッコいい!
    それぞれが、若だんなのために奔走しながら、活躍します。

    なんだかんだと、文庫で8冊目。しゃばけの10周年だそうです。
    楽しいシリーズです。

  • 相変わらず、あやかしたちがかわいい!
    佐助の奥さんが出てきたときは、びっくり。

  • 20111202
    シリーズ8冊目。
    連作短編になってます。
    萩尾望都氏とのスペシャル対談あり。

    はじめての
    ほねぬすびと
    ころころろ
    けじあり
    物語のつづき

    仁吉と佐助のオタオタっぷりがいつになく面白かった。

  • 文庫新刊でたよ~っとゆーわけで即購入。

    うーん、でも好きだけど、やっぱちょっと買うの惰性になってるかなあ。
    そろそろもういいかなあ??

    ラストがちょい切なかった。
    おいていくのとおいていかれるのと、
    どっちがつらいかなんて比べることもできないだろうけど、
    切ないなあ。

    一太郎の虚弱ぶりは相変わらずだけど、
    やさしさ、とか、なんか一生懸命なとことか、
    そーゆーとこも相変わらずで私は好きだ。

    あときゅあ~な家鳴がなんかだんだんかわいく思えてくる。
    最初っから、あんなにしゃべってたりしたかなあ?

    しゃばけシリーズはなんだろ、ファンタジーなんだけど、
    どーしようもない人の業みたいなものを
    さらりと描いてる感もあって、そのへんちょいとリアルな感じ。

    栄吉はどーしてるかなあ?

    そーいや、家鳴、なんかストラップにもなっていたみたいだが、
    ちょい微妙。イラストは別にきらいじゃないんだけど、
    グッズとか欲しいかといわれるとうーんってなっちゃうかな。

  • 若旦那の周りでオタオタする仁吉、佐助が可愛いw
    妖怪、神様とのズレが面白かった。
    若旦那の淡い初恋にキュンとしました♪

  • しゃばげシリーズ。

    なんだけど、そろそろネタがきつくなってきたのでしょうか・・・。
    短編があつまってる自体はいいんだけど、どれも描写が少なく
    そうですか。って感じの話ばかり。

  • 2回目読んでもやっぱり面白かった。

全204件中 181 - 204件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする