ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (153)
  • (311)
  • (223)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 2326
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若だんなの目が見えなくなったのを軸に短編がいくつか。
    「けじあり」が面白かった。最後救いがあるのが良い。
    しかし今回若だんなは本当にとばっちりだ。お宝盗んだ方は堀に落ちただけで済んだと言うのに。

  • 「しゃばけ」シリーズ第8弾。
    冒頭、いきなり若だんなの目が見えなくなってしまってビックリした。
    あれ?一冊飛ばしたか??と思って読み進めていくとちょっと納得。あ~そういうことか!!
    若旦那の事以外、ほかの事には目もくれない。というスタンスの仁吉と佐助に清々しさすら感じます。
    好きだな~~この二人^^

  • いつもの短編集でありながら、若だんなの目の光を取り戻すのが目標という一本筋を通した。いつもとちょっとちがう「しゃばけ」シリーズ。

  • 黄泉に導く銭が印象深い。

  • しゃばけシリーズ第八弾。
    今回は若だんな自身が巻き込まれることに。
    人間と神様と妖かしの時間の感覚のずれが悲しい結末になるんだなあ。
    しかし、何度も布団でのり巻きにされて小脇に抱えられても大人しくしてる若だんなには笑える(笑)

  • 【しゃばけシリーズ8作目】ようやく8作目が手に入った。今回は若旦那が目の光を失ってしまうかも?というお話。目が見えない間は不安だったし大変だったろうな。神様との昔話のやりとりが何ともユニークで面白かった。とにかく無事に目の光が戻ってよかった。

  • 若旦那の目が見えなくなってしまった。
    その原因を探すべく、怪たちが奔走する様を1つずつ短編として章立ててある。
    若旦那より、周りの怪たち中心の話。

    仁吉は道中トラブルに巻き込まれ
    佐助は夢の中で所帯を持って

    if的な話が面白かった。

  • ずっと積読になっていた「ゆんでめて」に手を付けるために再読。若だんなの目が見えなくなったことをテーマにつながっている短編集。
    「物語のつづき」はコミカルなのと同時にせつない。生きる時間の長さの違いって、どうしようもなく悲しいですね。

  • 若旦那が失明?!
    何でこんな昔の話から始まるのか、最後まで読むと良く分かります。

    若旦那の切ない初恋が可愛らしいのと、佐助の話の始めは何のことやら分からないところが楽しめました。

  • 時間の経過の感じ方が違う人と過ごすのってどんな気分なんだろうと思いました。

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする