ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (136)
  • (240)
  • (174)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1819
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461298

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もし、あのとき、右でなく左を選んでいたら。ifをテーマにしていることは、すぐわかるが、時間はリセットされてしまったのかと考えると釈然としない。Aの事柄がBに繋がりと云う訳でなく、それぞれは独立した物語だしね。
    解説によれば、完全にリセットされてわけじゃないとのこと。
    こちらが大切な何かを読み落としているかなと思うが、著者と当方のリズムがズレテきているような気が前作からしている。
    とりあえず、続巻まで判断を留保したい。

  • 題名の意味が分かってよかった。

  • ひさしぶりに畠中恵さんのしゃばけシリーズ。ずいぶん久しぶりだと思って過去の記録を見てみたら、前作『ころころろ』を読んだのは1年以上前。

    それでもページをめくれば、心はあっという間に江戸は通町廻船問屋兼薬種問屋の長崎屋へ。

    病弱の安楽椅子探偵ならぬ寝床探偵?一太郎ぼっちゃん、仁吉・佐助や鳴家(やなり)をはじめとする恐ろしくもユーモラスな妖(あやかし)の面々、江戸に住まう人々が生き生きと動いている。

    シリーズ第9作となる本作は表題作「ゆんでめて」を始めとする5つの短編からなるが、この5つを読み終えるとある一つのからくりに気づく仕組み。ファンタジーとミステリと人情が絶妙に絡み合う。

    やっぱり「しゃばけ」シリーズ、好きだなぁ。。。

  • ちょっとマンネリ感を抱くようになってしまいましたが、やはり一気読み。構成が面白くもあり、ややこしくもあり。 「きっと最終的にはこうなるんだろうなぁ」と、比較的早くに全体の仕掛けがわかってしまうキッカケになってしまった後ろ表紙の説明文は残念でした。

  • そろそろ中だるみ感のある しゃばけシリーズ。
    ここからの展開次第で惰性買いになるかどうかが
    決まりそう。……買うのは買うけど。

  • ストーリー展開が今までとは違くて、斬新で面白かったです♪

  • しゃばけの新刊!

    なんか最初さかのぼってくのわかんなくてちょっと混乱したんですが屏風除きがいなくなっちゃわないでほんとによかった・・・><
    最初の話読んで そんなあーーーー!!と思ったのは私だけじゃないはず

    あっちに行ったらなかった未来でわれらは生きてるんだなあ
    限りない無数の偶然の積み重なり
    っていうのは星野道夫さんの真似だけど うふふ

    お花見がしたくなっちゃったなー
    妖怪にもやさしい若旦那かわいい
    あの女の子と出会うのなくなっちゃってよかった^ω^(ひどい)

  • もはやマンネリ感が半端なく、そろそろやめたらいいのにと思っているしゃばげしりーだが、今回おもしろかった。
    時系列が逆になっており、正しい道を歩いた若旦那は間違った道で会えた人たちと再び会えるのかしら?

  • 妖怪菓子食べ……。
    きっと我が家にいる鳴家たちも、わたしのことをそう呼んでいるかも。

  • 安定感のある面白さです。
    安定感がある、としながらも、「え?」「おや?」「あれあれ?」と、ページを繰る手を休ませない工夫。面白いですよね。
    安定感のあるおもしろさを支えているのが、登場人物の一人ひとりの魅力。この話だけじゃなくて、また出てきてよ、って声をかけたくなる、帰ってきてくれるよね、って信じたくなる魅力なんだろうなあって思います。
    若旦那もそろそろ、お年頃、そろそろっていうか、もうだいぶ、なのかな。
    登場人物、全体の構成、ストーリー展開、何をとっても面白かったぁ!

全175件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする