ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (136)
  • (240)
  • (174)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1819
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461298

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ9作目。パラレルワールド。左の道を行くはずだったのに、右の道に行ってしまったために変わってしまった未来。屏風のぞきがいないと寂しいなぁ。河童の禰々子が出てきたのが嬉しい!あの佐助を子分のように扱うなんて、さすが河童の親分!パラレルワールドの中だけと言わず、また登場して欲しいなぁ!

  • なんとなく惰性のような気持ちで買ってしまう若だんなシリーズですが、毎回安定した面白さですよね。今回は特に凝った構成になっていて、かなり楽しませてもらいました。変わらない日々が嬉しい限り。

  • いよいよ時を越えたか。

  • 久しぶりのしゃばけシリーズ。途中のどれを読んでないのかわからん。
    続編も読まないといけないらしい。


    新着棚にあったので借用

  • しゃばけシリーズ第9弾。
    あの日、あの時、こうしていれば…という後悔は誰にでもあるもの。二手に別れているあの道をあの時もう一方に行っていたら…と後悔し続ける若だんな。読みつつ、物語の時系列がバラバラで読みにくいなぁと思ったけど、ラストで納得。選ばなかったもう一方の人生をどういう訳かやり直すことができた若だんなが羨ましい。

  • あの道を行かなければ。

    なんと凝った構造。最初、いきなり時間が飛ぶし、屏風のぞきはいなくなるし、びっくりしたが、最後まで読んで腑に落ちて、ああ、とため息。まさか「しゃばけ」シリーズで、SFが来るとは。

    「こいやこい」七之助がお嫁さんをもらう。けれどそれには、久しぶりに会う幼馴染の彼女を当てなくてはいけなくて。若だんなの恋も、実は並行世界の話だとわかれば、更に切ない。

  • ※ネタバレあり
    まず最初に屏風覗きがいなくなるのが呆気なく書かれていてびっくりした。
    読んでるうちに「ああなるほどそういうネタかー」と納得。面白かった。

    欲を言うともっと家鳴に活躍の場が欲しかった。

  • 図書館借り。
    うーん、読後感が、なんか。。。
    今までと違って、独特な感じでした。
    いつものが好き。

  • 時代劇ファンタジー
    温かみがあって、他の作品も時間があれば読みたい

  • 「しゃばけ」シリーズ第9弾。短編連作集。
    兄の松之助の家へ向かう途中、左へ曲がるつもりが小さな社を見つけたので右へ曲がった若旦那。
    あの時右に曲がらなければ……と若旦那はずっと後悔していて読んでいてしんみりしてしまう。
    その日から4年後、3年後、2年後、1年後と、遡るようにして短編があり、最後の最後腑に落ちてスッキリした。
    あっけないような気がしたが、しゃばけシリーズはあっさりめが割と好き。

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする