ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (136)
  • (240)
  • (174)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1819
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461298

作品紹介・あらすじ

屏風のぞきが行方不明になり、悲嘆にくれる若だんな。もしあの日、別の道を選んでいたら、こんな未来は訪れなかった? 上方から来た娘への淡い恋心も、妖たちの化け合戦で盛り上がる豪華なお花見も、雨の日に現れた強くて格好良い謎のおなごの存在も、すべて運命のいたずらが導いたことなのか――。一太郎が迷い込む、ちょっと不思議なもう一つの物語。「しゃばけ」シリーズ第9作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は、一冊まるまるある大がかりな仕掛けがあります。
    確かにSFの世界ではよく見る仕掛けだけど、
    まさかしゃばけでそれを体験する事になろうとは…(笑)

    もしあの日、別の道を選んでいたら…
    というのは、人間だれしも経験することですね。
    何気ない選択が、人生を一変させることになる。

    人間、人生のやり直しはできません。
    でも若だんなには神様がいる。妖たちもいる。
    せめてこの世界だけでは、皆が幸せになって欲しいです。

  • 2019/6/10~6/13

    屏風のぞきが行方不明になり、悲嘆にくれる若だんな。もしあの日、別の道を選んでいたら、こんな未来は訪れなかった?上方から来た娘への淡い恋心も、妖たちの化け合戦で盛り上がる豪華なお花見も、雨の日に現れた強くて格好良い謎のおなごの存在も、すべて運命のいたずらが導いたことなのだろうか―。一太郎が迷い込む、ちょっと不思議なもうひとつの物語。「しゃばけ」シリーズ第9作。

  • シリーズ9作目。パラレルワールド。左の道を行くはずだったのに、右の道に行ってしまったために変わってしまった未来。屏風のぞきがいないと寂しいなぁ。河童の禰々子が出てきたのが嬉しい!あの佐助を子分のように扱うなんて、さすが河童の親分!パラレルワールドの中だけと言わず、また登場して欲しいなぁ!

  • しゃばけシリーズ第9弾。今までの巻とは趣が異なり、話の流れがなかなかつかめない。その理由は最終話にしっかり収まるので不思議です。著者の力量ですねきっと。最初の話を読み進めたときに、あれ?読み飛ばした巻があったかな?と不安になるようなタイムスリップが味わえます。
    たら・れば、の話は、普段の生活の中ではまずかんがえませんが、こういう物語の中だと生き生きとしてくるからなお不思議です。
    今回の話に出てきた妖がこのあとの巻でどういう風に出てくるのでしょうか?

  • なんと、しゃばけシリーズも、9作目です。
    相変わらず、若だんなは優しくて、虚弱^^;
    そして、家鳴りは可愛いし、兄やたちはかっこいいです。

    タイトルの、『ゆんでめて』とは、弓手(ゆんで)と馬手(めて)、左と右のことを指します。
    若旦那が、弓手の方に進むはずだったのに、なぜか馬手に駆けて行ってしまいます。

    あの日、あの時、もう一つの道を選んでいたら…。
    今回は、そんな後悔もありつつ、5つのお話が絡んでいつもの騒動になっていきます。

    ちょっとした江戸版、タイムトラベル?
    どうやら、次作にも関わってくるそうです。楽しみに待ちましょう

  • 弓手(左、馬手(右、あるはずのない未来に行ってしまいました
    みんなで花見、楽しそうです;-)

  • 畠中さんには、失礼ですが
    「いつかネタ切れしてしまうのかなぁ…」
    と思っていました。

    しゃばけシリーズは本当に大好きなので、終わってしまったら今回の一太郎のようになってしまいそうです。

    ですが、前回のころころろから、ゆんでめてまで度肝を抜かれるような展開が起きて、それが先のストーリーまで繋がっているようなので
    「まだまだ先は長そう!」
    と思えて、わくわくです。

    現実からファンタジーへ連れていってくれるしゃばけシリーズが本当に好きだと再認識。

  • 短編がいくつか合わさって1つの大きな物語になってる構成がすごく好きなので、最初の展開ですごく落ち込んでいたのもあいまって、読み終わって、ああ、やられた! と思うと同時にすごくすっきりしました。
    どうしてもやり直せないことがある、というのも事実ですが、不思議に囲まれた一太郎にはこういうことがあっても良いんじゃないかと。そして、こういうふうに恵まれているのは日頃の一太郎の思いやりのおかげなんだと思うとすごくほっこりします。

  • なんとなく惰性のような気持ちで買ってしまう若だんなシリーズですが、毎回安定した面白さですよね。今回は特に凝った構成になっていて、かなり楽しませてもらいました。変わらない日々が嬉しい限り。

  • 割と最初の方で全体の展開は予想できたんだけど、それでも選ばなかった道の哀しさはより強くなったような気がします。
    運命の分かれ道って、別れをもたらすんだなあ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「運命の分かれ道」
      繋がりは大事にしたいと思うけど、「運命」に縛られているとは信じない。と憤ってもダメですね。
      5作目「うそうそ」まで読んで...
      「運命の分かれ道」
      繋がりは大事にしたいと思うけど、「運命」に縛られているとは信じない。と憤ってもダメですね。
      5作目「うそうそ」まで読んでいます。「ちんぷんかん」「いっちばん」は購入済み!
      2013/01/09
  • 2012.160

  • もう9作目かぁ、、、未だ半分しか読んでません。。。

    新潮社のPR
    「若だんな、運命の岐路に立つ! 新キャラたちも大活躍のシリーズ最新刊!
    屏風のぞきが行方不明になり、悲嘆にくれる若だんな。もしあの日、別の道を選んでいたら、こんな未来は訪れなかった? 上方から来た娘への淡い恋心も、妖たちの化け合戦で盛り上がる豪華なお花見も、雨の日に現れた強くて格好良い謎のおなごの存在も、すべて運命のいたずらが導いたことなのか──。一太郎が迷い込む、ちょっと不思議なもう一つの物語。「しゃばけ」シリーズ第9作。」

  • シリーズ9作目の本作は、いつも通りの短編5編の構成で、屏風のぞきの修復に関する話や上方からの嫁騒動、化け合い合戦で盛り上がるお花見、豪雨騒動に巻き込まれる話、時間を売る謎の商売する男との話とどれも若旦那と妖との良い掛けあいが、なかなか面白かったです!

  • いきなりの展開にシリーズ一冊読み飛ばしたのかと思いきや、時を遡っていく不思議なお話。
    いつもしゃばけシリーズの素敵なタイトルに惹かれるのですが、今回もゆんでめて=弓手、馬手という言葉を始めて知りワクワク。
    かなめにおね。別の道に迷い込んで出会う魅力的な人々。
    長い夢を見ているようなもうひとつの物語。
    シリーズの中で一番好きな一冊になりました。

  • 弓手(左)、馬手(右)。
    その日、とある妖しを見かけた若だんなは、そのあとを追って左の道を行くところを右へ行ってしまった。
    そこから始まる数年の物語。

    左右の選択の違いから、そのあとの運命ががらっと変わってくる。
    それぞれに災難もあるし、出会いもある。

    さあ、どちらの道を進む?

  • 最初のお話で、大好きな屏風のぞきに異変があって、いったいどうしたかと驚いて、続きが気になって気になって隙間時間に必死で読んでました!
    一番好きお話はこれまでも登場した数々の顔なじみも一同そろって、人も一緒に花見ができた「花の下にて合戦したる」! 読了後、花見がしたくなる素晴らしいお話でした。

  • 相変わらず面白い!ハズレなしの傑作。

    短編は苦手ですが、収録された5つの短編がひとつの物語を作り出す仕掛け。よくできていて、おもしろい。あっという間に読み終わってしまうのだけが難点。もっとこの世界に遊んでいたいのに!

    きゅんげーっ!

  • いよいよ時を越えたか。

  • あの時の選択が違っていたら未来も違っていただろうに
    というお話
    神様をみた若旦那が向かった方向によりへんな寄り道をしてしまい大事な妖友達を失ってしまう。
    病弱でいつも1人で寂しい思いをしている若旦那にとっては辛い話
    このストーリーの書き方の面白いところは、現在からどんどん過去に向かっていき
    分かれ道に戻るところ
    胸にジーン来ました。
    シリーズの中で1番好きかも

  • ひらがなのタイトルが、毎度何を意味するのかが楽しみ。今回も弓手馬手という新たな知識を得られた。解説でも言及されていた時間の逆行の手法は面白い。初め(4年前)の話で屏風のぞきを失った若だんなの悲しみに共感。禰々子河童、色っぽい(o^^o)いけない、だんだん鳴家みたいになってきた。

  • 久しぶりのしゃばけシリーズ。途中のどれを読んでないのかわからん。
    続編も読まないといけないらしい。


    新着棚にあったので借用

  • しゃばけシリーズ第9弾。
    あの日、あの時、こうしていれば…という後悔は誰にでもあるもの。二手に別れているあの道をあの時もう一方に行っていたら…と後悔し続ける若だんな。読みつつ、物語の時系列がバラバラで読みにくいなぁと思ったけど、ラストで納得。選ばなかったもう一方の人生をどういう訳かやり直すことができた若だんなが羨ましい。

  • この物語の仕掛けに感服.4年3年2年と遡る形でターニングポイントに戻っていく.あり得なかった未来の中で出会った人とこれからどう関わるのか,ねねと佐助もいい感じだし,次巻が楽しみ.

  •  読了後、超大作を読んだ後のような疲れとカタルシスを感じました。非常に面白かったです。
     とは言え、最初は「え1? 1巻飛ばした?」と思ったりして、なかなか話に入って行けませんでした。年数は立ってるし、火事は起こってるし、若だんなは火傷してるし、屏風覗きはいなくなってるし……。
     が、時を逆行していく短編の並びと謎解きが、とても良かったです。よそで味わったことのない新しさを感じた1冊でした。ますますしゃばけシリーズのファンになりました。本当の出会えてよかった本でした。

  • あのとき別の道を選んでいたら…


    誰しもあるはずの分岐点。
    屏風のぞきが行方不明になってしまった後のお話。

    時売り、お花見、めっぽう強い女子おねさん、若旦那嫁をもらう(!?)など。

  • あの道を行かなければ。

    なんと凝った構造。最初、いきなり時間が飛ぶし、屏風のぞきはいなくなるし、びっくりしたが、最後まで読んで腑に落ちて、ああ、とため息。まさか「しゃばけ」シリーズで、SFが来るとは。

    「こいやこい」七之助がお嫁さんをもらう。けれどそれには、久しぶりに会う幼馴染の彼女を当てなくてはいけなくて。若だんなの恋も、実は並行世界の話だとわかれば、更に切ない。

  • スリルとショックとサスペンスでした。あと、前に出てきて嫌な奴のままだった人がこっそり大活躍で見る目がくるり。

  • ゼルダの伝説における時のオカリナ的な。
    仁吉のストーカーとして読み続けてきたけど、ここへ来て佐助の良さを知り困惑。

  • しゃばけシリーズ9分作目。短編集風だけど、話が繋がっていて、最初は違和感不安感でいっぱいだったけど最後の話で、それらが払拭され、いつもの心地よさがもどってきた。

  • しゃばけシリーズ 第9弾

    「ゆんで」は「弓手」・・・左手
    「めて」は「馬手」・・・右手

    左手の方向に行くはずが、右手に進んでしまった為に未来が変わってしまい、変わった未来のお話。

    <ゆんでめて>
    四年後のお話。
    付喪神の屏風のぞきがいなくなり、若旦那が探すお話。
    私も屏風のぞきが大好きなので、えっ!これからのお話に屏風のぞきが登場しなくなるの!?と焦りました。

    <こいやこい>
    三年後。
    七之助さんの上方からやってくる許嫁‘千里‘が誰かを5人のうちから当てるお話。
    偽千里の一人 かなめさん を若旦那が気に入ったようで・・・これも心配でした。

    <花のしたにて合戦したる>
    二年後。
    飛鳥山に大勢でお花見に行く話。
    今これから丁度お花見シーズンなので、もしかしたら大勢のお花見客(特に宴会を派手に開いている人たち)の中には妖たちがいるかも!とわくわくしました。

    <雨の日の客>
    一年後のお話。

    <始まりの日>
    現在。

全175件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)のその他の作品

畠中恵の作品

ゆんでめて しゃばけシリーズ 9 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする