鬼哭の剣―日向景一郎シリーズ〈4〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.06
  • (11)
  • (17)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (506ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101464138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/08/10読み始め
    2015/08/13読了

  • 日向景一郎シリーズ第四作。森之助が感じる景一郎との差、景一郎が感じる森之助の成長。来るべき対峙。後半の立合の連続は、比喩でなく手汗握る。剣豪小説の理想。次作が待ちきれない。

  • 森之助の成長と景一郎の怪物性がわかる本。15ながらに兄に怯え、兄の影を追わんとする森之助の成長にスポットが当てられている。

  • 強い男が、もっと強い男と戦う。
    そこにあるはずのインフレがない。
    レベルアップしている実感と、命をかける緊迫感がある。
    映像化できない映像がある。

  • 今回は景一郎さんの弟、森之助が主人公。15歳の、今で言えば少年が男として成長していく姿に飲み込まれます。臆病だった景一郎青年と、何一つ恐れない森之助の、どっちが強いんだろうなあ。日向兄弟の抱える宿命が現実味を帯びてきて、続きが読みたいような読みたくないような…読みたいです。

  • 柳生流との戦い。十五才になった森之助の成長が中心の物語。
    今はまだまだ景一郎には及ばないけど、次作では遂に対決か・・・

  • 森之助が女を知った・・・!(笑

    これはもう、景一郎ではなく、森之助の視点です。
    父を殺した兄を殺す宿命を負っている森之助。
    しかしながら、兄、景一郎はどこまでも強く、自分が剣を習えば習うほど、兄の強さが解かり――
    森之助は、本当に自分の宿命を果たせるのか・・・

    まだこの巻では、森之助が成長するところ。
    剣を怖がり、震えていた景一郎は死が避けて通るようになってしまったけれど、森之助は剣を恐れず、真正面に見る。
    だからか、紙一重で命を拾い強くなる――
    対照的ながら、確実に兄を追う森之助。
    どうなる?!

全7件中 1 - 7件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする