仕事と年齢にとらわれないイギリスの常識 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.24
  • (2)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101481234

作品紹介・あらすじ

仕事よりも家族や友人との時間を優先し、年を取っても行動力を失わず、やりたいことを追求する。こうしたイギリス人の生き方は、伝統的な個人主義に基づく優れた社会が支えています。一方日本では、老後の不安や生きがいの喪失に悩む中高年が増加中。今こそ英国流ライフスタイルを見習って、前向きに人生を楽しんでみませんか!イギリスに学ぶ、輝き続けるためのヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イギリス流のスローライフを紹介した本。2002年出版。

    地位や名誉、金に執着せず好きなことをする、マイペースであくせく働かない、年齢を意識しない(年齢で差別しない)、家族に依存せず自立する等々、イギリスの中流以上の人々の魅力的な生き方が紹介されていて、自分にとって参考になるなあ、と思うことも多かった。

    ただ、本書がイギリスの負の面を描かずにイギリスを無条件で礼賛している点には違和感を感じた。「遥かなるケンブリッジ」の受け売りではあるのだけれど、移民問題を含む強い人種差別意識、公立学校の教育レベルの低さと若者の犯罪、イギリス病のベースともなった変化を好まない保守的な考え方等々を考えると、イギリスの生活環境は必ずしも理想的なものではないんじゃないかなあ。

  • イギリスのいいとこたくさん。
    読んでてほほえましくなったり勇気をもらったり。

    こういう事例は日本にもきっとあるのだろうけど
    自分の国だとなかなか気づきにくいのかなー。

    そして同じくらいきっとイギリスも日本も困った問題はあるのだと思う。
    確かにこの本ではイギリスのいいところしか目立たないが
    同時に日本にもいいところがありイギリスに闇の部分があるってことも
    意識しておかないと。

  • 「仕事と年齢にとらわれない」というタイトルに、思わず買ってしまいました。おばあちゃんが若き日の念願だったイタリア留学を果たしたり、何年もかけて家族総出で理想の家を建ててしまったり。
    イギリスの人って本当にみんなこの本に書いてあるような生活価値観を持っているのかな。だとしたら、一度イギリスで暮らしてみたいと思いました。

  • 平行して梨木香歩『春になったら苺を摘みに』と星野博美『転がる香港に苔は生えない』を読んでいたので、違和感が強かった。この本では「あるイギリス人は」「イギリス人ジャーナリストは」と一般化されている。すべてのイギリス人がこの本で理想とされる生き方をしているとも思えないが、例として挙げられている人々が顔のある存在として感じられず印象が空虚。日本の会社や政治の幼稚性について指摘されていることを否定するつもりはないけれど、イギリスはこんなに素晴らしい、日本はこんなにがダメだと「日本語で」書くこの著者の拠って立つところはいったいどこなのかという気にさせられる。異文化に対し、視点の相対性に欠けているという印象。本の趣旨は違うかもしれないが、イギリスの地方の美点を読むならいたずらに美化しない梨木の本を読む方がよほどいい。

全4件中 1 - 4件を表示

井形慶子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
ロバート キヨサ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事と年齢にとらわれないイギリスの常識 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする