孤独のチカラ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (60)
  • (98)
  • (71)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 882
レビュー : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101489261

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『孤独』世間ではマイナスイメージだが、人間にとって正面から向き合うべき大切なもの。
    強さとは単独になれるということ。
    孤独にこそ深く生きる意味がある。
    だが長く孤独に浸り過ぎは復帰を難しくするなど、劇薬の性質も合わせ持つ。
    自分だけで思い悩んでも答えは見つからないもの。本を読みながらその答えを見出すと効果的である。
    という内容。
    『人は一人では生きて行けない』よく聞くフレーズである。このことと、著者の言う『孤独にこそ生きる意味がある』は最初は相反するもののように思えた。
    しかしこの本では『人を寄せ付けない孤独は悪』というフレーズが示すように人との関わりの大切さにも触れている。
    著者が大切と説いているのは、自己と向き合う時間を常に大事にしながら、人との距離を適正に保つそのバランスであると思う。

  • 初めてこういう類の本を読んだけど目からウロコ!Σ(・□・;)
    もっと早くに読んでいれば私は今までもっと濃い時間を過ごしていたかも、同時に毎日何かを得る気持ちで読書をしようと思えるようになった一冊。
    運動をして毎日体も整えなくては。
    感謝‼(*^^*)(*^^*)

  • 進んで孤独を選択すべきという主張には首肯するも、実践するのはなかなか難しい。

  • 考えにかんがえぬいたので、筆者の現在があるのだと納得がいった。今は、ストイックに自分と向き合う機会が少なくなっている。子供の頃から、皆忙しいためかもしれない。この状態が、精神的に豊かは疑問である。あくせくしている間に、一生が終わってしまうのかも。現役時代多忙であった亡父も余命宣告を受けたと、ぼそりと「あっという間だった。はやかったな。」とつぶやいていたのを思い出す。

  • 書物により先人の力を借りながら、自分を掘り下げ、独自の世界を構築していく。思えば、国際交流に突っ走っていた学生時代は、「自分が何者か分からない怖れ」から逃避し、「自分が聡明で社交的な人種だと錯覚できる安心感」に浸っていたのが実際のところかもしれない。だから繰り返すほど空虚感が募っていったのだろう。やはり、孤独の中でエネルギーを純粋に自分のために使い、自分の記憶や考え方を丹念に見直しアレンジしていく必要がありそうだ。

  • もっと自分に向き合う時間を増やそうと思った

  • 孤独で苦しんでいる人にオススメの本

  • 若い頃、孤独に苦しんだ著者による「孤独礼賛」。現代人は自分自身に向き合う時間が少ない。強くなりたければ群れから離れろ。知的活動は孤独。自分を検証する内観、教養、日記(ブログは自分の内面を書きづらい)。孤独を乗り越える石磨き(笑)、翻訳、読書(小林秀雄、ゲーテ)、地水火風(泥遊び、川を眺める、火を見る、バイクで風を感じる)。呼吸で息を吸い、吐くをひとつの生き死にと捉える。メメント・モリ。ハイデッガー「存在と時間」は禅の考えと共通している。スティーブ・ジョブズにも影響を与えた禅は私のキーワードのひとつ。

  • すべてに頷けるわけではないけれど、単独者であることの大切さを説いてくれる本。生は限定された時間をどう行きるかという真剣勝負の場である、とう一節が印象的。ムーミンとスナフキンの関係がすてき。本著で紹介されていた本も読んでみたい。

  • 孤独とはひとりぼっちではなく、独りになるということです。

全104件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

孤独のチカラ (新潮文庫)のその他の作品

孤独のチカラ 単行本 孤独のチカラ 齋藤孝

齋藤孝の作品

ツイートする