孤独のチカラ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (60)
  • (98)
  • (71)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 882
レビュー : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101489261

作品紹介・あらすじ

私には「暗黒の十年」がある。それは受験に失敗した十八歳から、大学に職を得る三十二歳までに体験した壮絶な孤独の年月である。しかし、人生のうちで孤独を徹底的に掘り下げ過去の偉人たちと地下水脈でつながる時間は、成長への通過儀礼だ。孤独をクリエイティブに変換する単独者のみ、到達できる地点は必ず存在する。本書はそんな自らの経験を基に提唱する「孤独の技法」である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家で本読むとか1人でクラシック聴きに行くとか
    楽しいからやってて孤独だという実感がなかったけど
    世間様的にはこの状態を孤独と呼ぶらしい。
    若干被害妄想的な温度を感じつつも、読書とは先人との会話であるみたいなところはとても共感できるなぁと思った。

  • またきっと読み返す、読み返したい本。本当の孤独とは何か。
    斎藤先生の学生時代の話、オススメの本や禅の話までさまざまな切り口で孤独とは何かについて語られる。
    巻末についていた参考図書リストも有難い。
    自分は引用されていた林尹夫「わがいのち月明に燃ゆ」の一節が大変印象に残った。そちらも読みたい。

  • 孤独になることが人を強くする
    孤独⇒孤独をのりこえる⇒無常観

  • 著者が20代に経験した孤独な時期が今に活きているという話が、様々な引用を元に描かれている。
    他者から認められず、でも迎合もしたくないという若気の至りともいえる姿勢が、実は同じような孤独感を描いた先人の言葉や作品に触れる機会をつくってくれる。内面をこれでもかと理解していくと結果的にはそれが人の魅力につながようだ。

    本書が出版されたのはちょうど10年前。その時からは考えもつかないほど「つながり」という言葉が蔓延し簡単につながったと思える状況が生まれやすくなっている。一方で、自分の本音を目の前の相手にさらすことができず、匿名性が担保されるネット上では饒舌になる人も一定数いるだろう。
    しかし、つながるためにはそれ相応のものを自分から相手に差し出し、それを理解してもらえなければいけない。さらに相手からのそれを自分も受け止めて理解することが必要。そのための自己理解や自分を差し出すことには当然苦しさも伴う。
    苦しみを受け入れる時間が孤独である。受け入れた痛みは後にエネルギーや思いやりに変化していくはず。
    そのような時間を10代〜20代でどれだけ持てるかが、その人の魅力につながるだ。

    今からでも孤独な時間を持つことは遅くはない。
    巻末のブックリストは今後、師を見つけるヒントになるだろう。

  • 薄いけれど読み応えがある。
    孤独の素晴らしさをつぶさに解説してくれている。
    あと、危険性についてもわずかに語られている。
    我が身を振り返れば、Twitter浸け、Discord漬け、LINE浸け、と碌な状況になく、
    いろいろと日々の在り方を考えざるを得なくさせる1冊。

  • とても読みたかった本。読み終わるまで時間がかかりすぎて、最後の章しか一気に読むことができなかった。もう一度読み返したい。
    孤独って必要な時があると思うし、自然とそうなっていた時期がやはりあったのを思い返した。

  • 孤独というものの絶大なパワーについてを書いた本。
    人生のある時に、人は何年か孤独になる時期が必要だと述べている。
    私もそういう時期があった。
    孤独な時期。
    自分を見つめる深い時期。
    確かに、そこで1つのなにかが醸成された感はある。
    この本を読んで、孤独をとてもポジティブに捉えられた。
    安らいだ。
    孤独を進んで選ぼうと思えた。

  • ずっと孤独に憧れていた。
    一人になる時間を求めていた。
    一生求めているわけではない。
    ただ、若い内に何もすることのない
    何をしてもいい、孤独が欲しかった。


    今、孤独を手に入れた。
    本を読み、映画を見る毎日。
    考えを考える日々。

    自分が味方にいてくれてよかった。
    孤独は力だ。

  • そうなんだよ、とうなずける内容。孤独な状態でものを考えて人は成長するのかも。1人になることも好きです。

  • 自分は積極的に孤独になった人間ではありません。


    でもただ孤独を嘆いているだけでは状況が改善しないことがこの本を読んでよく分かりました。


    孤独ならば、同じようなことを経験した先人たちと繋がることで、少しでも気持ちが楽になります。


    その作業を怠るとずっと辛いままです。


    芸術や文化で感性を磨き、読書で教養をつける。
    一人でもなんとかできるくらいの技やスキルを身につける。
    そして日記としてそれらを記録に残す。

    それを続ければそれが自己肯定につながり人生は豊かになると。


    また、孤独であることは書くことでもある。
    書く作業を通じて、自分の思考や現状を整理できる。



    この本が言いたいのは、むしろ自分から積極的に孤独な時間を作り、教養をつけ、成長への糧にしろ、ということです。
    ただその孤独な時間は時として辛いため、同じ孤独を持った先人たちと繋がることで少しでも気分は楽になる。
    人生誰にでも孤独になることがあるので、少しでも孤独との付き合い方が上手になれば、より人生は生きやすくなるのだと思います。

  • この本に確かこんなことが書いてあった。印象に残っている。

    【何かを勉強しよう、学ぼうという時の基本姿勢は、単独者であること】

    頭の良し悪しや、本を沢山読んできたかどうかより、単独者になれるかどうかが問われる。

  • 自分は目的意識は高いくせに、いつも誰かとつるんで現実から逃げ、これじゃダメだと思いつつ、結局つるんでの繰り返しだったので、本書を読んで気づかされることが多かった

    何かを得るには何かを犠牲にしなければいけない。何かを成すには孤独の時間が必要だ。
    いつも群れたりつるんだりして寂しさを紛らわしても何も生まれない。もちろん友達や仲間を大切にすることは大事だが、一人の時間にこそ自分を磨くために学ぶことが大切だ。

  • 地下で繋がりたい作家は江戸川乱歩

  • ・一人の時間とは基本的に自分を鍛える時間
    「結果を出せ」

    ・いい仕事をする。人生を豊かにする。そうした手応えが欲しければ、いわゆる「つき合い」を断ることを、人生のある時期に自ら設定することも必要だと私は思っている。

    ・一人の時間に内観する
    自分と向き合う時間。書くことで、自分を掘り下げることができる。

  • 孤独をポジティブに捉えられる本

  • グッとくることも多かった。
    引用が多い気も。
    後半は集中力がきれたのか、スーッと入ってこなかった。

  • 何となくそうじゃないかな、と考えていたことが色々書いてあって、読み始めた時は読まなくても良かったかなと思った。目ぼしい意見は特に無かった気が。でも、やっぱり精進することは大切。自分を甘やかすのはちょっと控えめにしたい。

  • これは良かった。
    創造性や知性の身につけ方がちょっとイメージできた。

  • 孤独を肯定してくれるので、休日に勉強や読書をしていて、ふと、僕は1人で家で何をしているんだぁ、と悲しくなった時に読むと、励まされるかもしれません。

  • とっても興味深いほんだった。
    ここまでの孤独礼賛も珍しい。
    孤独を恐れないことのメリット、孤独期間にすべきこと、お勧めの過ごし方。
    言葉にしてみると薄っぺらいけれど、知的好奇心を刺激される内容。
    そして何より、本の構成、日本語が美しい。こういう本はいつまでも読んでいたくなります。

    たくさん本が紹介されているので、数冊読んでみたいと思います。

全104件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

孤独のチカラ (新潮文庫)のその他の作品

孤独のチカラ 単行本 孤独のチカラ 齋藤孝

齋藤孝の作品

孤独のチカラ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする