丸かじりドン・キホーテ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 46
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101498232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中丸明 「 丸かじり ドンキホーテ 」

    ダイジェスト版だが 十分楽しめる。

    スペインの歴史やセルバンテスの生涯など 補足資料も充実しているので、ドンキホーテの深さを考える構成になっている。

    初読時は ドンキホーテのメタフィクション性は 遊び心としか思わなかったが、物語や政治への批判や悲観もあったのではないか?

    例えば
    *歴史的事実として認識される物語への批判
    *レコンキスタに見られるキリスト教国家の膨張主義への批判
    *スペイン大航海時代の植民地主義への批判

    スペインの哲学者 ウナムーノの「ドンキホーテを嗤う(見下したようにわらう)ことは、自分を嗤うのと同じである」という言葉もヒントであるような気がする。ドンキホーテは スペイン人そのもの、もしくは人類そのものという意味なのでは?


    ドンキホーテがサンチョに与えた5つの心得が素晴らしい
    1.神を畏れよ。神を畏れることは智者であるしるしだ
    2.身のほどを知れ。身のほどさえ知れば、牛になろうとした蛙のように膨れ上がることもない
    3.自分の家系を誇りにせよ。出自を卑下する必要はない
    4.常に清潔を心がけよ。乱れた服装は、心にしまりがないことを証明する
    5.酒は慎め。酒は口を軽くし、秘密をもらし、約束を忘れさせる

    「人生において〜いつまでも同じ状態で続くと考えることは 無駄なことである〜むしろ人生は〜つぎつぎにぐるぐると回っていくものと思われる」


  • 活字読んでるだけで、こんなにも爆笑するってのはハジメテでした。騎士道に興味のある方にもオススメ。でも随分ズッコケ騎士の話だけど、作者のセルバンテスのコトやその社会背景までの説明があるので、いろんな観点から読むことができて、読み応えアリ。サラリと一読するとナンとも傍迷惑なドン・キホーテの妄想炸裂ですが、結構愛しかったりします。そして「一本気って格好好いなぁー」とも思える爽快感さえ感じれる一冊。

  • 知ってるようで知らないドンキホーテの色々。
    …名古屋弁!!

全3件中 1 - 3件を表示

中丸明の作品

ツイートする
×