もめん随筆 (新潮文庫 B 4-6)

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101501215

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 偶然見かけて購入。

    明治生まれ、昭和40年代まで随筆家として活躍。
    (のちに参議院議員)

    昭和11年初版。昔ながらの女のあり方と、新しい、進歩的な女のあり方の狭間にいたひとなのかな、と思う。
    当時としてはかなり進歩的な女性、夫婦関係だったようだが、ときどき旧来の女性観・家庭観が挟まる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森田 たま(もりた・たま):1894年北海道札幌生まれ。1911年に雑誌『少女世界』に投書した文章が認められ上京。1913年に小説家・森田草平に師事。1936年刊行の『もめん随筆』(中公文庫)などで随筆家として注目を浴びたほか、本作をはじめ小説も執筆した。他の著書に『今昔』(暮しの手帖社)、『森田たま随筆全集』全3巻(講談社)、『森田たま随筆珠玉選』全3巻(ぺりかん社)など多数。1970年没。

「2024年 『石狩少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森田たまの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×