• Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800059

作品紹介・あらすじ

誰かと一緒に暮らすのはきっとすごく楽しくて、すごく面倒だ。「いつかあの人と同じ家に住めたらいいのに」「いずれこの二人暮らしは終わってしまうんだろうか」それぞれに想いを抱えた腐れ縁の恋人たち、趣味の似た女の子同士、傷心の青年と少女、出張先の先輩と後輩、住みついた妖怪と僕…気鋭の作家8名がさまざまなシチュエーションを詰め込んだひとつ屋根の下アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新潮文庫の次世代ラインナップ「新潮文庫nex」。若者向けなのかな?今人気の作家さん達による同居をテーマにしたアンソロジー。表紙も可愛いし、帯がメタリックで斬新です。
    同居…恋人同士の恋愛ものばかりだとキツいなと思ったけれど、むしろそちらの方が少なく、様々なシチュエーションでバラエティーに富んでいる。友達とルームシェアしたい女の子、出張先での同僚とのホテル生活、神様?との同居、夫婦、恋人、幼なじみ、腐れ縁…それぞれ立場は違うが、お互いの思いやりがないと同居ってできないよね。どの話もそういう思いやりが感じられて良かったな。
    各話に出てくる部屋の住宅情報と間取りが最初のページに書かれている。私は昔から間取りを見るのが好きで…見ているだけで妄想が広がる。

  • ブクログで表紙惚れし、早速書店へ。「ふたり暮らし」がテーマのアンソロジー、各話に舞台となる部屋の間取りが載っていて、間取り妄想が大好きな私は即買い!
    「ふたり暮らし」とはいってもその形態は様々。ルームシェア、同棲、新婚、成り行きでの束の間の同居(会社の先輩からはたまた神様!?まで)と、なかなか盛り沢山な内容だ。
    テーマが好みだったということも大いにあるけど、半分がお初の作家さんだったにもかかわらず、どれも面白く読めました!間取りを見ながらイメージを膨らますのが楽しくて楽しくて。
    どれもよかったけど、朝井リョウの「それでは二人組を作ってください」が印象に残った。どうしてこんなに女子心がわかるのだ!私も昔から「二人組」を作るのが苦手だった。同居の姉が去った後のルームメイトを見つけようと焦るあまり、空回り気味な主人公に共感。
    他の作品も、短編ながら起承転結がくっきりしていて読みやすかった。特に「転」の鮮やかさ!そういった意味では似鳥鶏の「十八階のよく飛ぶ神様」、神様の闖入に「はぁ!?」と思ったけど(笑)、まさかのどんでん返しに度肝抜かれました。
    韓国での出張を描いた、飛鳥井千砂「隣の空も青い」もよかった。安定感あるね飛鳥井さん、アンソロジーではおなじみの顔となりつつある。先輩社員との心のすれ違いをメインに、「韓国」というサブテーマを絡ませてきたところもお見事でした。
    「袖振り合うも、多生の縁」だなぁと。面倒でも厄介でも不自由でも、誰かと暮らすってことは長い短いにかかわらず、かけがえのない時間なんだと思う。

    • vilureefさん
      こんにちは。

      >朝井リョウの「それでは二人組を作ってください」が印象に残った。どうしてこんなに女子心がわかるのだ!私も昔から「二人組」...
      こんにちは。

      >朝井リョウの「それでは二人組を作ってください」が印象に残った。どうしてこんなに女子心がわかるのだ!私も昔から「二人組」を作るのが苦手だった。

      これだけで、朝井君(あえて君付け(笑))の感性のすごさが分かりますねぇ。
      「二人組を作ってください」、この言葉を聞くだけで一気に小学生に戻ってしまいそう(笑)
      あの何とも言えない緊張感、思い出すだけでいやだなぁ。
      こんな気持ちすっかり忘れてたのに、朝井君たら罪な男ね・・・。
      2014/09/12
    • メイプルマフィンさん
      vilireefさん:コメントありがとうございます!
      第一話を読み終えて、そういや誰が書いたんだっけと確認したら、まさかの朝井「君」とは!...
      vilireefさん:コメントありがとうございます!
      第一話を読み終えて、そういや誰が書いたんだっけと確認したら、まさかの朝井「君」とは!
      何で男子にあの「二人組」を作ることのめんどくささがわかるのか!マジか!と驚きました。
      「ログハウスライフ」という、「テ○スハ○ス」をパロった番組に振り回される主人公の心情の描写もホントうまくて、つくづく、罪な男(笑)
      2014/09/12
  • さまざまなシチュエーションを詰め込んだひとつ屋根の下アンソロジー。新しい!
    初めて読む作家さんばかりで新鮮でした。

    印象に残ったのは朝井リョウさんの「それでは2人組を作ってください」です。某シェアハウス番組を素材に使っているのがまずおもしろい。女子のいやぁな心を正確に言い当てていて、それがまた嫌なことに共感できてしまう部分があるので、ぞくりとする程でした。

    あとは三上述さんの「月の砂漠を」がとてもよかったです。妹を亡くした姉と、元妻を亡くした男との夫婦愛。悲しいけれど、とてもあたたかい気持ちになりました。

    「隣の空も青い」、「冷やし中華にマヨネーズ」もよかったです。

    腐れ縁の恋人、出張先の先輩と後輩、妖怪と僕、傷心の青年と少女。楽しいだけじゃない、さまざまな2人暮らし。さらに、在日韓国人、震災、トランスジェンダーを題材にしているものもあり、興味深い作品が多かったです。

    小説が始まる前に部屋の間取り、物件案内が掲載されているのが粋です。

    関係ないけれど、ルームシェア…自分には無理だぁ…(笑)

  • 朝井リョウの「何者」で登場したカップルの話があるとかで読んでみました。
    うん、相変わらず素敵。
    宮本はただの意識高い系男子だと思ってたのですが、可愛らしいというか憎めないというか…そういう一面を感じました。
    まあ所謂カップルの馴れ初めですが、やはり朝井リョウにしか書けない話なんだろうな。

    意外にも良かったのは、三上延の「月の砂漠を」。
    ビブリアシリーズ、一作目の一話目で読むのを辞めたぐらい合わなかったので身構えましたが、この話ではゆっくりした雰囲気にぐいっと引き込まれました。

    そして坂木司はやっぱり駄目だ……地の文が話し言葉なのが生理的に受け付けない。和菓子のアン読もうと思ってたけどやめておこうかな。

    吉川トリコはまぁまぁ面白かったけど下品。R-18文学賞出身なのに好きになれないなー。

  • 新潮文庫nexの本気を見た(笑)
    新進気鋭の作家を盛り込んで盛り込んで、とてもボリューミーな作品になっていると思う

    私は朝井リョウさんの物語が読みたくてこの作品を買ったのだが、全ての短編に満足できた
    それぞれがそれぞれ個性を持って、どれも凄く面白く、これは読んで正解

    「女子的生活」では、まあネタバレなのだが女子がいない中、女子より女子な生活をしているところが素敵で
    「ジャンピングニー」では夢に向かって走る男女が爽やかかつ漢気溢れたラストで幕を閉じ
    「冷やし中華にマヨネーズ」では文句を言い合いながら暮らす2人が深く繋がっていて、それが終わってしまった切なさが素敵だった

    全ての作品に全て事細かな感想が言えるくらいに鮮やかな内容だった
    もっとこの人たちを読んで見ていたいと思えた
    とにかく読んで間違いない

  • 【内容紹介】
    同じ鍵を持つ、ふたり。だけど心は――。

    誰かと一緒に暮らすのはきっとすごく楽しくて、すごく面倒だ。「いつかあの人と同じ家に住めたらいいのに」「いずれこの二人暮らしは終わってしまうんだろうか」それぞれに想いを抱えた腐れ縁の恋人たち、趣味の似た女の子同士、傷心の青年と少女、出張先の先輩と後輩、住みついた妖怪と僕......気鋭の作家8名がさまざまなシチュエーションを詰め込んだひとつ屋根の下アンソロジー。

    朝井リョウ:アサイ・リョウ
    1989年、岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞受賞。受賞作がベストセラーになり、現役大学生作家として注目される。男子チアリーディングチームを取材した書下ろし長編『チア男子!!』(第3回高校生が選ぶ天竜文学賞受賞)『星やどりの声』『もういちど生まれる』(2012年下半期直木賞候補)、『少女は卒業しない』などの小説を在学中に刊行。2012年春、大学を卒業して就職、大学時代の体験を綴ったエッセイ集『学生時代にやらなくてもいい20のこと』を刊行。

    飛鳥井千砂:アスカイ・チサ
    1979(昭和54)年、愛知県出身。2005(平成17)年『はるがいったら』で小説すばる新人賞受賞。他に『君は素知らぬ顔で』『女の子は、明日も。』など。

  • 部屋がらみで様々な人が寄稿した短編集。
    それぞれの人の特徴を感じながら一気に読める軽い本。
    この本を皮切りにいっぱい本が読めるようになってきた。
    もっと簡単に本に向き合って良いんだなと思わせてくれてありがとう。

  • 腐れ縁の恋人たち、趣味の似た女の子同士、傷心の青年と少女、出張先の先輩と後輩、住みついた妖怪と僕…。気鋭の作家8人がさまざまなシチュエーションを詰め込んだ、ひとつ屋根の下アンソロジー。

    いろいろな間取りがあって楽しい。

  • 最近の人気作家8名の作品によるアンソロジー。

    朝井リョウさん,似鳥鶏さんを目当てに読み始めたが,他の方の作品も良かった。

    自分以外の他者との共同生活。
    それは,自分の私的な一面を他者に開示するのと同義である。

    その他者が親しい人間とは限らない。
    それでも,同じ空間とルールを共有していくなかで,互いの私的な部分も共有され,いずれは自分の習慣の一部として生活に組み込まれていく。

    私の大学は同棲率が高いことで有名らしいが,実際はどうなのだろう。

    意外と本書のような物語が,私の部屋のすぐ下で起こっていたりするのかもしれない。

  • 桐島や何者の朝井リョウさんとビブリアの三上さんに惹かれて購入。自分の中ではキャラ文芸と小説の間くらいを攻めているというイメージの新潮文庫nexってこともあって読んでみたけど、まさしく印象の通りだった。
    小説というカテゴライズがしっくりくる話から、これはもはやラノベだろって言いたくなるような話まで盛りだくさん。どれもこれもきっと作者の個性がありありと出ているに違いない。最初から最後まで様々なメニューを楽しめるお店に入ったような感じでした。個人的には「それでは二人組を作ってください」「ジャンピングニー」「月の砂漠を」「冷やし中華にマヨネーズ」の4作がお気に入り。
    こういうアンソロジー系って、作家さんがスタートラインに並んでよーいドンってやるわけじゃないですか。誰が一番良い記録を出せるか、みたいな。そういう時、実際に顔を合わせた時はお互いの作品についてあれこれ言ったり褒めたりとかするのかもしれないけど、内心では絶対「俺の方が面白い」って思ってるんじゃないかなって。でも、そういう気持ちって大事だよね。少なくとも自分はそういう人間です。あと多分朝井さんも。

全178件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

この部屋で君と (新潮文庫nex)のその他の作品

この部屋で君と(新潮文庫) Kindle版 この部屋で君と(新潮文庫) 朝井リョウ

朝井リョウの作品

この部屋で君と (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

ツイートする