ブタカン!: 〜池谷美咲の演劇部日誌〜 (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
3.64
  • (20)
  • (36)
  • (44)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 283
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800141

作品紹介・あらすじ

都立駒川台高校演劇部は、個性溢れる奇人変人揃い。幼馴染で親友のナナコに誘われ、美咲は入部を決める。誘った本人が入院して休部になる中、舞台監督として、変わり者のメンバーと演劇部(ゲキブ)するべく美咲の奮闘が始まる。失踪する先輩、消えた台本の行方、顧問の恋愛問題まで!? 公演成功の鍵はいったいどこに? 演劇部の日常(シナリオ)は謎と刺激でいっぱい。青春ミステリの新シリーズ堂々開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奇人変人の集まる都立駒川台高校演劇部。
    幼馴染の親友ナナコに誘われ、美咲は入部を決める。
     
    その演劇部は役者は全員男子、女子は全員裏方さん。
    美咲が任されたのは・・・舞台監督!
     
    キャラ文芸、というのでしょうか。
    現実ではちょっとあり得ない人物設定、私は苦手なのですが、演劇を舞台にした小説ということで小説家ゼミの先生に進められ拝読。
     
    しかし、読んでみたら意外に(失礼)おもしろい。
    作中作の『走るな、メロス』なんてアイディアもちょっと好きかも。
     
    贅沢を言えば、もう少し演劇そのものの場面を入れてほしかったな、という気はしますが、それは次回作に期待したいと思います。
     
    高校生のころ、部活に打ち込んだ青春を思い出したい方にぜひ読んでほしい一冊です。

  • 「浜村渚の計算ノート」を読んでから、
    青柳碧人さんの他の小説も手にとってみてます。
    でも、これは推理要素が少ない感じでした。
    ただ、作中劇の「走るな、メロス」は面白そう。

  • 高2の夏、家の事情でそれまで部活すらできなかった美咲は、親友のあとを引き継ぎ、演劇部の「ブタカン」デビューした。しかし、演劇部の面々は変人ぞろい。トラブル続きの演劇部!ミステリ、というほど謎はあまりありませんでしたが、演劇部パートが面白く、最後まで楽しく読めました。読んだNEXでは一番よかったかも。青柳碧人さんはいいペースである程度のレベルの作品を出してくるなあ。

  • ブタカンというのは、舞台監督のことだった。
    高校の演劇部の話で、演劇をするキャストやスタッフがいるので
    最初はだれがだれだかわかりづらかったが(ニックネームとかもあるし)、
    人物設定が分かってきたら読みやすくなってきた。
    それにしても、高校生の演劇って熱いなぁ。こんなに熱かったっけ?と
    思うぐらいの熱さだ。こういう熱さっていうのも、いいものだね。

  • 青春部活小説。
    学生時代の友人が舞台をやっていたので、
    こういうことしてたのかな~って感じで楽しく読めました。
    20160930

  • 諸事情で今まで部活動ができなかった主人公が
    友人に頼まれてやる事になったのが、演劇部の舞台監督。

    文化祭までの、連続短編4話分。
    家の恐ろしい事情のせいで、ようやく青春…というか
    青春だらけというか、面倒ばかり、というか?w
    脚本家は逃亡、キャストの台本は行方不明
    お約束の合宿もあり、そして本番に向けて…で
    登校してみたらえらい事に、だわ。

    この合間合間に、人間関係衝突あり、恋愛あり
    思わぬところに4話目の伏線あり、で面白かったです。
    まさに青春取り戻したぞ! な主人公が。

    気になるのは、最後に結局どうなったのか分からない
    こうなるきっかけをくれた友人。
    現状維持、だとは思うのですが…どうなのでしょう?
    後は、女子三人の証言あり、の先輩の事。
    しかしこういうのって、気が付かれてなんぼ、なので
    言った彼の方が、まだ潔いかと。

    教訓として、脱サラするなら、駄目だった場合も
    きちんと考えましょう…w

  • 流石の高校演劇感。特異なスキル持ちが多いけれど、あるあるがあちこちに散らばってて好き。
    有川浩のシアター!シリーズよりも専門用語の説明多いよね。

  • シリアスありコメディありで、それぞれの分野のプロフェッショナルがいるとある高校の特に目立たない演劇部で、いきなりブタカン(舞台監督ってそう略すのか)だった親友の代役を引き受ける話。最後の章で少し盛り上がったがそれまではわりとのんびり特に大きな山場もなく進む印象。
    あっと言う間に読める。シリアスな病人がいるのに、全体としてはあまりシリアスに感じないのがいいのか悪いのか。これは完全に次巻に続くストーリーになっているので次巻以降に期待かな

  • 青柳碧人の新シリーズの1作目。こちらがあとの掲載になったのは、この本が地元の本屋で手に入らなかったから。
    家庭の事情で、高校に入ってからアルバイト生活を送っていた池谷美咲は、友人のすすめで演劇部に入部する。生徒から「変人の巣窟」と言われるだけあって、一癖も二癖もある人間ばかり。しかも誘ってくれた幼なじみは、闘病生活を送ることになった。岬は彼女のかわりに「舞台監督」という重責を担うことになる。果たして彼女は、彼らをうまく御することができるのか?
    「幕が上がる」のヒットに触発されたのかも知れないが、専門用語もきちんと詳しく書いてくれているので、演劇を知らない人間も、すんなりと理解できる。作者も出版社も「ライト・ミステリー」として扱いたいようだが、本シリーズは立派な「青春小説」。高校時代自分みたいな「いじめられっ子」には無縁な世界で、こういう青春時代を送ることができた作者とキャラクターをうらやましく思う。そして最後のエピソードに出てくる「ジュリア」の台詞がとても重く感じられる。

  • 以外に面白かった。ミステリというより青春モノ。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。

「2019年 『浜村渚の計算ノート(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青柳碧人の作品

ブタカン!: 〜池谷美咲の演劇部日誌〜 (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

ツイートする