ウロボロス ORIGINAL NOVEL: タツヤ篇 (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
3.38
  • (1)
  • (9)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 88
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800202

作品紹介・あらすじ

段野竜哉、破門される! 月下の少女の真相は? 刑事イクオが追うある少女が起こした殺人事件でタツヤは犯人にされ、身内(ヤクザ)に追われる身となる。少年時代を過ごした養護施設まほろばで、最愛の先生を殺され、証言を警察にもみ消された二人は、事件の真相を握る「金時計の男」を探して警察とヤクザの秘密の協力関係を結んでいた。秘密と相棒を守りつつ、事件と少女の闇を暴くことはできるのか――? 二匹の龍(ウロボロス)が絡み合う事件、タツヤ篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この小説はちょっと独特でして、もう一冊「タツヤ篇」というのがあります。
    2冊とも同じ事件の話なのですが、この小説の主人公であるイクオと、もう一冊の主人公であるタツヤのそれぞれの視点で話が進むという仕組みです。
    こういう形の小説は初めてだったので、どう読もうかと悩んだのですが、どちらからでも先に一冊読んでしまったら、大体のあらすじがわかってしまうので、残りの一冊を読むのがしんどくなるかも、と思い同時に少しづつ読み進めることにしました。
    というわけなので、イクオ篇にもこの感想と同じ内容を書かせていただきます。

    それぞれの視点から描かれていますので、警察の捜査状況の進行具合、事件に絡むヤクザの事情が別々に詳しく書かれています。
    単なる事件と思っていたのが、実は裏にはそんな事情が!みたいな真相(?)を見つけるような感覚が面白かったです。

    人を撃ち殺したあとに「ドーナツが食べたい」って言い出すイクオもイクオだし、夜中にドーナツがある店を探し回るたっちゃんもたっちゃんだよ・・・。
    このシーンとても好きです(笑)
    だけど登場人物の中で一番危ないな~というのはヒトミです。
    イクオが同じだと思ったのは境遇だけではなく、何人もの人を殺してきたし、そしてこれからも自分の目的を邪魔する者は躊躇なく殺す、という彼女のスタンスに共鳴したのかもしれないですね。

  • そしてタツヤ編。イクオ編を読んでる分、あっここでのやり取りが他のやり取りね!的な謎解きが出来るのは良かった。
    が、小説よりドラマの方が好きかもでした。大体映像より原作小説の方が面白いことが多いのですが…珍しい。

  • 段野竜哉、破門される! 月下の少女の真相は?

    刑事イクオが追うある少女が起こした殺人事件でタツヤは犯人にされ、身内(ヤクザ)に追われる身となる。少年時代を過ごした養護施設まほろばで、最愛の先生を殺され、証言を警察にもみ消された二人は、事件の真相を握る「金時計の男」を探して警察とヤクザの秘密の協力関係を結んでいた。秘密と相棒を守りつつ、事件と少女の闇を暴くことはできるのか――? 二匹の龍(ウロボロス)が絡み合う事件、タツヤ篇。

  • 目的のためにヤクザになった、片方。

    イクオ編で、何故侵入していたのか、変装していたのか
    殺しをかぶせられたのか、が分かります。
    どこで稼いでいたのかばれているようなのに
    彼との繋がりは分からないとは…。
    どれだけ綺麗に隠しているのか。
    いやでもドーナツ食べに行っているぐらいなのに
    目撃者はいないんだな、と。

    ある意味きれいに推理された、という感じの最後。
    そして『彼女』は、目的を達せられるのか。

  • 主演的名字是龙崎和龙哉。是容易ww。

  • [2015.04.19]

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。慶応義塾大学卒業。文芸評論家、書評家。著書に『読み出したら止まらない!海外ミステリーマストリード100』『路地裏の迷宮踏査』、『ある日うっかりPTA』など多数。

「2020年 『本格ミステリの本流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉江松恋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×