シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)

著者 :
制作 : 片山 若子 
  • 新潮社
3.43
  • (16)
  • (51)
  • (65)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 475
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういう頭の切れる人々の会話や推理がメインの話は個人的に好きですが、ちょっと物足りない印象。最後の残月のところがあっけなかったかな。シリーズものなら今後に期待しています。

  • 作者によると、ルヴォワールシリーズとパラレルワールドになっているとかいないとか…
    さて、円居挽と言えば頭脳と頭脳が音を立てて削り合うコンゲームを得意とする作家といったイメージがあります。
    この新シリーズでも、その力は如何なく発揮されており、ルヴォワールシリーズのファンも安心して手を出せるでしょう。と言っても丸太町しか読んでないのですが…
    1話では双龍会を彷彿とさせる、私的裁判のような展開が楽しめます。ここでは、真実を問わず、相手を納得させれば勝ち、とコンゲームを戯画化し、限りなくゲームに近づけた印象です。
    2話は、一見普通の事件に見える序盤から、あれよあれよと主人公vs警察という構図に持っていくのは、なんともらしい笑
    3話も結局は爆弾魔との頭脳戦となり、壮絶なバトルの末、新たな決意をします。
    一冊まるまるプロローグといった感じでしょうか。
    次巻から、本格的に剣崎少年の探偵修行が始まるようです。

  • 図書館で。
    登場人物の名前がわかりにくいなぁなんて思いながら読みました。ラノベ特有だなってなんとなく思うんですが、普通の名前だと知り合いの顔が浮かんじゃうからわざとだって話を聞いた事あるんですが本当だろうか。

    というわけでなんかちょっと変わった探偵学校入学の巻。お父さんが思っていた以上にアカン父だった。
    シリーズ物みたいなので続きも読んでみようかな。

  •  デビュー作から受け継がれる独特な世界観。
     まさにフィクションという感じで格好いい。そして続きが気になる。

  •  エンキョバンて誰だ。手に取ってはみたもののあまりの軽さに後悔する。時間の無駄だったか。探偵養成学校という設定がすでに訳が分からないうえに、出てくる曲者ぞろいの生徒たちの繰り広げる論理ゲーム。と思いきや、二編目はしごくまともな倒叙物ミステリで、その解決から続く最終編がこんどは爆弾魔を追うサスペンスときた。かようにかなり粗雑な進行ではあるが、そこに目をつぶれば全体が剣峰成少年の探偵成長物語とでもいう大きなストーリーになっているのがわかる。探偵指南役が鬼貫で部下が丹那というのが往年のファンにはノスタルジックで受けた。パロディでもあるのか。乗りかかった船だから続編も読むかね。エンキョじゃなくてマドイだそうだごめん。

  • 唐突に探偵養成学校、ディベートのような推理合戦、本物の名探偵などが次々と登場するアニメのような作品。
    思う存分に理屈をこねまくっており、円居氏らしい内容です。好き嫌いが分かれると思うものの、たまに読むならいいかな。

  • 学園裁判に爆弾魔に主人公の生い立ちと盛りだくさんの作品。
    このうちどれか一つでも十分に一冊の作品として成り立ちそうな内容だった。
    それゆえに、やや消化不良な気持ちになってしまった。
    きっと、次回作以降で解決される部分もたくさんあるのだと思うので、期待したい。

  • ■学園裁判。暗号。密室。謎vs論理の青春ミステリ。

    剣峰成は退屈していた。都内屈指の進学校にもかかわらず、クラスメイトは凡庸な生徒ばかり。目指す高みには到底たどり着けそうにない……。そんな成の前に現れた少女、太刀杜からん。彼女との出会いをきっかけに、成は鷹司高校の真の姿を目の当たりにする。論理と論理をぶつけ合う学園裁判。殺人と暗号。連続密室爆破事件と犯人。若き才能が放つ、青春×本格ミステリの新機軸。

  • 探偵の影響力が大きい世界で探偵養成学校に入学した剣崎成が主人公。

    プロローグの内容が1章に直接繋がらず、最初は誰が主役なのかも分かりにくかった。
    人物名やキャラ設定が中二っぽく主人公含め一般人レベルではない。

    1章の星覧仕合は設定について行けなかったけれど、2章の過去、3章の現在と進み全体像が見えてからは楽しめた。
    ただの推理ではなく、ハッタリ、騙し合いは楽しい。

    主人公の過去は謎のままなので気になる。

  • 僕の目指すところは――。

    思ったより主人公が歪んでいなくて安心した。成長する面があるのがいい。さすが新潮文庫nexだな、と思うこともあった。ノリがラノベ。登場人物もラノベ。悪くないけど。ただ、本当に導入編でキャラクター紹介に終わった感じも。

    最初プロローグがどう本編とつながるかわからなくて戸惑った。妹が全部をつなぐのかと思いきや、そうでもなさそうか。亡くなっているし。いや、まだ再登場の可能性は残されているけれど。

著者プロフィール

1983年、奈良県生まれ。京都大学卒業。京都大学推理小説研究会に所属し、2009年に『丸太町ルヴォワール』で講談社BOXよりデビュー。同作から始まる『ルヴォワール』シリーズ(講談社)のほか、『キングレオの冒険』(文藝春秋)、『シャーロック・ノート』(新潮文庫nex)などの著作がある。

「2019年 『FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロック・ノート: 学園裁判と密室の謎 (新潮文庫nex)のその他の作品

円居挽の作品

ツイートする