十年交差点 (新潮文庫nex)

  • 新潮社
3.38
  • (12)
  • (37)
  • (52)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 434
感想 : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800738

作品紹介・あらすじ

その一瞬の選択が、あなたの10年後を変える。「10年」。それだけをテーマに五人の人気作家が自由に物語をつむいだら、泣けて、震えて、心が躍る、こんなに贅沢な短編集ができました! 時間を跳び超える機械を手に入れた男の、数奇な運命を描く物語。戦慄の結末に背筋が凍るミステリー。そして、河童と猿の大合戦に超興奮の時代ファンタジー、などなど全五作。それぞれの個性がカラフルにきらめく、読みごたえ満点のアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10年先を渡り歩き、10年先に立って今を見つめ、10年間を大事にし、10年経った今の幸せ、そして10年を待てない楽しみ。

  • どなたの作品も、文章がこなれていて読み易く、ぐいぐい読んでしまう。国産の小説って読み易いなあ。こなれてるなあ。読むのが楽しかった。

    原田ひ香がハートウォーミング。

    それにしても、新潮文庫nexは初めてで、古いニンゲンである私は、新潮文庫なのにスピンがない?!と何度も体裁を見てしまったことよ。

  • どれも味があり面白かった。
    ただ、しゃばけシリーズを未読の方には、畠中さんの作品は面白みに欠けるのではないかな?と思った。童話とか民話のような感じに受け取ればまあまあで、シリーズ内の河童や天狗がどのような存在であるかを知っていてはじめてにやりとできるのかもしれない。

  • どの作品も、心に残る「10年」を読ませてもらいました。とくに印象に残ったのは『白紙』。
    物語の前半で、“もしや?”と思ってはいたのですが、まさか想像した通りの結末になってしまうとは.....。
    背に、ゾクリッと冷たいものを感じながらも、涙が止まりませんでした。

    白河三兎さん、今度長編を読んでみたいと思います。

  • 中田永一目当てで買った一人。
    それなのにそれ以外の作者の話でやられました。
    まず、「白紙」白河三兎。そもそも中田永一以外の方の作品は初めて読むので、この白河三兎さんて人はこういう作風の人なのか?と思った。
    生徒のことを真剣に考えつつ、リアリティーも持ち合わせた先生と、突然変わってしまった生徒との間で起こるストーリーが最後は残酷な終わり方になってしまう。でもそこに至る意味がちゃんとある話。こういう話は嫌いじゃない。現実味があると思う。
    次に「君が忘れたとしても」原田ひ香
    これは何となく想像のつくストーリーだけど、わかっていたけどラストは感動。子どもからたくさんのことを吸収して来ただけに、気持ちがよく分かったなぁ。歳をとると涙もろくなると言うけれど、働き出して子どもに情が出ると勝負してる姿を見るだけで我が子でもないのに涙が出た事を思い出した。
    ほか、中田永一と岡崎琢磨はまあまあ、畠中恵はよくわからない。

  • 2012年1月、父の友人・実相寺時夫が亡くなり、蔵の研究機材や私物を譲ると遺書にあったため弁護士と蔵を訪れた柳廉太郎。無職の彼は遺品を金に変えようと物色中にみつけた金色の懐中時計を作動させると蔵の外の様子が変わっていたー【地球に磔にされた男】他4偏◆

    わ-…ここまで面倒なタイムリープ初めて。でも数ある並行世界いじって自分の都合いい未来に作り替えるなんて映画や小説多いけど、こういう方が正解なんだよね。嫌なこと、辛いことも全て含めて今の私が出来あがってる、他と変わる気は無いけど、違う道の自分もみてみたい…。

    【ネタバレ】

    「十年後の自分」というテーマの作文を白紙で提出した立川小登乃を心配し、元彼や立川の弟の担任と連絡をとり家庭訪問してみたがー【白紙】くー…切ない…しかし頭のいい子(作者)

    ◆恋人にプロポーズされた北川巴瑠は自身の秘密により返事を保留にしてしまう。【ひとつ、ふたつ】これも切ないなぁ…「同じ痛みを知る者同士、それでも孤独を分かち合えなかったら。正真正銘、孤独になってしまう」という恐怖。

    姉が死別し、義兄・壮亮と甥・壮真の世話した結実子。10年前、義兄は再婚することとなり、再婚相手から甥には会わないよう通告されたー【君が忘れたとしても】うわ-…どっちの気持ちもわかるけど…ちょっとムカつくなぁ。にしても。聞き分けのいい子だ♪

    ◆中国から渡ってきた九千坊河童と手下たちは九州でうまくなじんでいたがー【一つ足りない】意味不明なおとぎ話

  • 10年間あるいは10年後をテーマにした短編アンソロジー。
    中田永一の名前に惹かれ買ってみたのだけど、それも含めて今ひとつピンとくる話がなかったわ。
    地球に磔にされた男…何だかうまく嵌り過ぎ?
    白紙…今の先生って、きっとこんな感じなんだろうな
    ひとつ、ふたつ…重たいテーマですけどね
    君が忘れたとしても…切ない話ですけどね
    一つ足りない…九州に九千部山ってあるけれど関係ないよね

  • どれも面白かったけれど、その中でも“白紙”が1番心に残った。
    伏線の張り方が夏目漱石の“こころ”に似てるなと思った。

  • 「十年」をテーマにした短編集。タイムトラベルもの(厳密にはちょいと違う気もするが)や河童の冒険譚など、読後が良さげなものもあるが、女子生徒と教師の話は背中を急に蹴られた感じで終わってしまった。プロポーズものや亡き姉の子どもとの過ごした歳月とか、生きているといろいろあるよね、としか言えない。。。

  • 『地球に磔にされた男』
    時間跳躍機構を使って自分の幸せを見つけることができた主人公に安心しました。
    『白紙』
    「10年」というこの短編集の表題が重くのしかかってくる作品でした。胸が痛くなりました。
    『ひとつ、ふたつ』
    『春待ち雑貨店 ぷらんたん』を以前読んだことがあったので、「同じじゃん」と驚きました。
    『君が忘れたとしても』
    母のように子供を大切にしていて、子供も母のように慕っていたとしても、周りの人間がそれを許すかは分かりません。当たり前は当たり前ではないのだから。
    『一つ足りない』
    最初は、主人公の九千坊は頭ではあってもあまり強くないのかとか失礼ながら思っていたのですが、後半になっていくとどんどん活躍する場が出てくるので、読んでいてわくわくしました。

    短編集で少しものたりないかもしれませんが、そんなふうに思う作品があったら妄想するチャンスです。この作品もそんなふうに思える作品に出会えるといいですね。この作品もぜひ、手にとってもらえると嬉しいです。

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年福岡県生まれ、2008年『百瀬、こっちを向いて。』でデビュー。他の著書に『吉祥寺の朝日奈くん』『くちびるに歌を』『私は存在が空気』。別名義での作品も多数。

「2017年 『僕は小説が書けない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中田永一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
辻村 深月
辻村 深月
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×