カカノムモノ (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (5)
  • (17)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800950

作品紹介・あらすじ

いいでしょう。その悩み僕が食べてあげましょう。坂口麻美は悪夢を見ていた。怪物に追われ、殺されかける夢だ。使えない後輩に、人を馬鹿にする同僚、図々しい肉親。不愉快なものに囲まれる日常に疲れすぎているせいだろうか? 「いいえ。それはあなたの罪です」突如現れた美貌の青年・浪崎碧はそう告げた。――時に人を追い詰めてまで心の闇を暴き解決する”カカノムモノ”とは何者か。全く新しい癒やしと救済の物語、ここに誕生。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み


  • 人の身体の中の「穢れ」が成長して「大禍津日神」となったものを狩り、丸呑み(カカノム)する事で、太古の昔に負った海の女神の呪いをなだめて生きてきた神魚の末裔、碧。
    定期的に大禍津日神を呑まなければ、呪いの印である右肩のあざが拡がり、やがて魚に変じてしまうという。
    碧に大禍津日神を呑まれた人は、穢れにまつわる記憶も奪われてしまうのだが…


    図書館で、たまたま表紙のイラストが目について貸し出した本。
    浅葉なつさん、初読。

    宿命を負った美青年が穢れを祓う連作短編。
    碧の美形っぷりも、人のドロドロが凝り固まったモノを祓うというミッション(?)も、昔々読んだコミックス『八雲立つ』を思わせる。
    相棒のタイプが全然違うのと、碧がとことん孤独なのが、作品の色合いを変えているポイントか。

    そんなわけで、文庫本の裏表紙にあったような「まったく新しい癒やし」という感じはそれほどしないけれど、文章も読みやすく、軽すぎず冗長すぎず、面白かった。
    この先、碧が呪いから解き放たれる時が来るのかどうかをメインに、相棒のフリーカメラマン桐島の過去のことが明かされていく物語になるのかな。
    3巻で完結なら、予想が当たるのか、予想以上に楽しませてもらえるのか、読んでみよう。

  • 呪われた魚の末裔である美貌の碧青年が人である為に友人と共に動き加加呑む。人との関わりの中で積み重なる苦い思いの疲れはリアルだけれどさらりとして負担にならない。彼らの穢れた心の闇である大禍津日神を暴き奪う事は救いに見えてでも奪われた人達はそれを忘れてしまうから成長がないというほの暗さ。ほのかな湿り気。

  • 罪穢を加加呑む者か。
    神様の御用人とは対極の位置というか裏というかダークサイド的な感じだな。

    碧と桐島の出会いが気になるけど、その内書かれそうだな。
    作中でチラッと出た話から察するに、桐島は1年前に大切な女性を亡くしたんだろうな。
    で、その時に穢を生み出して碧と出会ったのかな。
    しかし、なんで桐島だけ律の言うところの唯一の道連れにしたのかが気になるとこだ。

    碧が兄と慕っている涼は次出てくるな。
    銅鏡が割れたけど、大丈夫なのかな。
    涼に連絡したってことは、銅鏡を直すことに涼は何か関わってくるのかな?
    それとも実家との取り次ぎ役なだけ?

    律と碧の初対面の時が気になる。
    碧が打ち解けるまでに時間掛かったんじゃなかろうか。

  • 彼の近くにいるものは、彼を拒否したもの。
    自分を拒否したものだけが、自分の近くにいてくれる。
    自分の存在を知った上で。
    それは自分を受け入れなかったものであり、受け入れてくれたものでもある。
    生きるためには何かを犠牲にせざるを得ないのは、彼に限らないのだけど、彼はそのために自分から犠牲を作りに行かなきゃならないこともあるというのがとてもつらいな。
    それは彼が手を加えなくとも、いつか表に出てきたものなのだろうけど。

  • だんだん人間味が出てくる。次巻ではどんな展開が?

  • 「加加呑厶者」
    夢の中で自らの首を絞め者。
    彼女自身が心のどこかで実力の差や限界に気付いていたからこそ、たった少しの出来事で全てが崩れ自分との向き合い方を間違えてしまったのかもしれないな。
    電話などに気付かなかった彼女も悪いのかもしれないが、大切な会議を誰も知らせてないという方が問題では。

    「直毘ノ風」
    対立する同じ世界に住む者。
    全てが終わった時に空白の時が出来てしまうのがどれだけ人に影響を与えるかは実際分からないが、間違いを学ぶ事が出来ないのは確かな事ではあるな。
    彼の様に強い意志を持ち、良くない思いを自力で捩じ伏せる事が出来るのはごく一部だろうな。

    「花ヲ喰ラウ」
    自らが失った若さを羨む者。
    誰だって年月を重ねれば歳を取り昔の様な見た目から変わってしまうだろうが、そんな事を言い出したらキリがないと思うが彼は一生若い子を追い続けるのだろうか。
    子供が居なくとも彼女自身が悔い改めなければ、どちらにせよ愛想を尽かされるのは時間の問題だったろうな。

    「雨ノ楽園」
    過去に彼が幻影を見せた者。
    家族や親族の事ばかりで自分自身を見て貰えないのは相当辛いだろうが、彼自身が自分を見て欲しいと訴えた所で何も変わらないのが現実なんだよな。
    贔屓するのは勝手だが、友人関係やその他色々と家族でも無いのに口出しするのは彼の役割では無いのでは。

  • これは自分の好きなジャンルにカテゴライズしても良いのでは。恐れられるも神的存在な血を持って生まれた超美青年が、唯一許した相手もイケメンという限りなくあちら寄り。楽しい。

  • 人の穢れを呑まないと人間でいられない
    過去の運命を背負った美青年

    一見軽そうなフリーカメラマンとコンビで
    人の穢れを飲み下す

    ジャンプ漫画にありそうな設定(笑)

  • 作者買い。
    書店に積んでいるときから少し気になっていた。
    神様の御用人が好きだからというのもあるが。

    読みながら思ったけど、これすごくBLっぽいね。
    匂うだけでBLではないが。
    主要人物が男ばかりでみんな仲が良さそうなだけで。
    今のところそこまで発展はしなさそう?

    いや、油断はできない。

    電車で読むものではないと思いつつ本日読了。
    集中しすぎて電車を一駅乗り過ごしてしまった。



    お話としては、癒される、かなあ。
    癒される感はないな。

    御用人は割と明るく書かれているのに比べてこちらは暗い。
    あと、すごい抉られる。
    自分のダメなところを見ているようで。

    人間なんだから、みんな少しずつ持っていることなんだよ。
    たぶん、それを認めないのがよくない。
    作中でも言っている。
    認識できなければ成長できない。

    とはいえ過ぎたるものは毒だ。
    手に負えないものは食べてもらったほうが良いのだろう。
    食べるほうの負担は計り知れないが。

  • 女子、BL受け。漫画の夏目友人帳っぽい。軽い小説なので気晴らしに読める。キャラクター設定やストーリーがしっかりしているのでなかなか楽しめた。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第17回電撃小説大賞で<メディアワークス文庫賞>を受賞。「空をサカナが泳ぐ頃」でデビュー。

「2021年 『【ドラマCD付き特装版】神様の御用人10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅葉なつの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

カカノムモノ (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×