ジュンのための6つの小曲 (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101801070

作品紹介・あらすじ

音楽の神(オルフェウス)が少年に舞い降りた。「アホジュン」は私達の想像を超えた、特別な世界に住んでいる。感動の青春小説。僕にしか、聞こえない音があるんだ。学校中にアホジュンと見下される少年ジュン。密かに作曲家を志す同級生トク。学校ではない、特別な世界で二人を げたのは、至上の音色を持つトクのギター〈エイプリル〉だった。穏やかな日々の最中降りかかる暴力。反発したトクは完璧な曲を書き、ジュンに歌わせることで雪辱を果たそうとするが……。眩い色彩、瑞々しい旋律。音楽に愛された二人の日々に胸焦がす、祝祭的青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 間違いなく傑作。

    歌やメロディを文字であれほど綺麗に表現できるのか。読んでいて気持ちがいいしただただ関心。

    登場人物たちもひとりひとり感情移入ができ、胸がしめつけられるシーンが多い。

    続編や番外編などがあれば是非読みたい。

  • わかってあげるのは難しい

  • 傑作。

    「ジュンのための~」というタイトルなのです。
    何を当たり前のことを……と思われるかもしれませんが、ジュンが世界からどれだけ愛され慈しまれるかを読んで知ってしまったら、素通り出来ないタイトルです。
    ジュンはもちろん、世界を愛するために世界を歌う!

    あまりにも美しくて目眩するほどの言葉達。
    私は、古谷田さんの最新単行本『望むのは』を読んですぐ後に文庫化された『ジュン~』を読みました。『望むのは』は色でしたが、この作品は音。信じられない鮮明さで書ききって、もう魔法と見分けがつきません。

    死ぬまで忘れないだろう愛しいシーンが、いくつもあった。
    読んでいる間、私は幸福でした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

古谷田奈月(こやた・なつき)
1981年千葉県我孫子市生まれ。二松学舎大学文学部国文学科卒業。2013年『今年の贈り物』で第25回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。同作を『星の民のクリスマス』と改題しデビュー。
2017年『リリース』で第30回三島由紀夫賞候補、第34回織田作之助賞受賞。2018年、「無限の玄」で第31回三島由紀夫賞受賞。同年、「風下の朱」で第159回芥川賞候補。

古谷田奈月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする