甦る殺人者: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (29)
  • (51)
  • (31)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 463
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101801094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犯人とその理由がイマイチだった。後半パッとしない。

  • 面白かった。

  • 安定の面白さ。ひいき目もあるかも

  • 犯人の意外性はなかったですが、こんな症例があるんだなぁという感じ。連続殺人鬼、今にも次の殺人がという状況でお話が進むので、緊張感を伴ってぐいぐい読めます。

  • シリアルキラーが残したDNAは、既にこの世にいない男のものだった。というところから、犯人は双子説、はたまた甦り説など出てきて翻弄される警察。
    天久鷹央が犯人を見極めるまで時間がかかり、どうなるのかワクワクした。犯人は絞られるので予想しやすいが、根拠が説明されるまで分からなかった。しかし、それが面白く感じた。このシリーズは初めて読んだので、他のも読んでみたい。

  • 【あらすじ】
    都内近郊で若い女性が次々と首を絞められ、惨殺された。警察は現場に残された血痕のDNA鑑定を行い、容疑者を割り出すが、それは四年前に死んだ男だった…。止まない殺人劇。メディアに送りつけられる犯行声明文。これは死者の復活か。あるいは、真犯人のトリックか。天医会総合病院の天才女医・天久鷹央は事件の裏に潜む“病”を解き明かし、シリアルキラーに“診断”を下す。殺人鬼は、何者なのか。戦慄の医療ミステリー!


    【感想】

  • DNA検査の盲点。双子とか移植とかを上回る症例が出てきてびっくり。

  • 死んだはずの殺人鬼が、再始動し始めた?という話。

    昔からの虐待で性格がネジ曲がった犯人が、腹いせに殺し、捕まらないことをいいことに鷹央をからかう話。

    バニシングツイン

  • DNA鑑定をした結果、既に死亡しているはずの犯人が蘇ったとしか思えない連続猟奇殺人事件の発生。死者を蘇らせることができる霊能教団の話も絡めて、謎は深まるばかり…

    話の核になる「DNA鑑定」にまつわる部分は流石!なんだけれど、登場人物設定や会話の書き方にもう一捻りあってもいいかな、な感じ。作者さんの伸び代を感じる部分とも言う。

  • 2017.12.21

    さすが、読みやすい。
    学生たちにオススメしやすいと思った。

    ただ、まぁ、犯人の目星はすぐついたので、推理小説好きには物足りないかも。

全54件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

知念 実希人(ちねん みきと)
1978年、沖縄県生まれ。医師。2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。その他の作品に『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』改題作)、『優しい死神の飼い方』(死神シリーズ)、『天久鷹央の推理カルテ』シリーズなどがある。
近刊として2018年9月刊行の『ひとつむぎの手』。

甦る殺人者: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)のその他の作品

知念実希人の作品

ツイートする