だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

  • 新潮社
2.86
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 183
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101801322

作品紹介・あらすじ

色とりどりの恐怖をどうぞ召し上がれ。あのとき、目をそらしていたら。でも、もはや手遅れ。あなたはもとの世界には二度と戻れない。恐怖へ誘うのは、親切な顔をした隣人、奇妙な思い出を語り出す友人、おぞましい秘密を隠した恋人、身の毛もよだつ告白を始める旅の道連れ、そして、自分自身……。背筋が凍りつく怪談から、不思議と魅惑に満ちた奇譚まで。作家たちそれぞれの個性が妖しく溶け合った、戦慄のアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/08/14

    あまりりす 恩田陸 怖いけど結局何さ
    妄言 芹沢央 人間怖い。後味ちょい悪
    破落戸の話 海猫沢めろん 良い
    とわの家の女 織守きょうや 切ない…そっちか…
    うしろの、正面 さやか 突然の絵!
    自分霊 小林泰三 平穏最高やんけ
    高速怪談 澤村伊智 面白いし怖い
    ヤブ蚊と母の血 前川知大 アユムがいい。萌える
    誕生日 北村薫 ほぉー…ん…

    結局だからなんだったん?ってのが気になる話が多かった
    あまりりすももう少し知りたいし、妄言は嫁どこいったんやだし破落戸はどうなったんな!と気になるし…
    最後スッキリした答えっていうか種明かしがほしい人は物足りんな。
    誕生日に至っては文学的すぎてびっくりしました。

  • 好きなモチーフの作品集!と思ってジャケ買いしましたが、あまり印象に残る話がなかったです…。
    個人的にはあまりりすと高速怪談が後味含め好みでした。

  • 怪談アンソロジー。恩田陸を目当てに買ったが、意外に良かったのが海猫沢めろん。澤村伊智も良かったな〜。
    アンソロジーというとどうしても余り好みじゃない作品が混じっているものだが(それが醍醐味のひとつでもあるのだが)、本書に関しては外れがないのが凄い。

  • さぁ怖がらせてやるぞ!みたいな話は嫌だけれど、全体的に重すぎず夜更けに読んでも寝れました(個人の感想ですが)

  • 「高速怪談」はホラーとサスペンス全部入りみたいな内容
    「妄言」は一番怖いのは人的な話かと思ったらひとひねりあって面白かった
    全体的に重苦しくなくライトな怖さと気味悪さ

  • 2018年08月01日読了。

  • じわじわときて怖かったー
    恩田陸と高速階段が面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

恩田 陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。幼少期は名古屋、長野、富山、仙台などを転々とする。高校時代は茨城県水戸市に在住。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。
1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞を受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
今村夏子
ヨシタケ シンス...
塩田 武士
三浦 しをん
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

ツイートする