HUMAN LOST 人間失格 ノベライズ (新潮文庫nex)

著者 :
  • 新潮社
2.92
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101801728

作品紹介・あらすじ

貴方は、人間合格か、人間失格か──。昭和111年、日本は医療革命により死を克服し、GDP 世界第 1 位の大国となった。体内ナノマシンをネットワークに繋ぎ、管理することで成立した無病長寿社会。だが、その陰で人が異形化するヒューマン・ロスト現象が起きていた。人間を「失格」しているという絶望。死への逃避を奪われた大庭葉藏は、その果てに何を見るのか。太宰治『人間失格』を原案とする SF アニメ、ノベライズ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間失格を基にSFにした小説

  • 2020年5月新着図書

  • 映画「HUMAN LOST 人間失格」のノベライズです。
    医療革命により長寿大国となった日本が舞台のSFです。
    映画を見て疑問に思っていたことが、丁寧な説明で補完されています。
    難しい世界観の作品は、理解が深まると楽しいものです。

  • 不老不死を求める人の業はまたも深い。

    太宰治「人間失敗」を再構築した、冲方丁脚本の映画「HUMAN LOST」のノベライズである本作。昭和111年の「人の死ななくなった」日本を舞台に繰り広げられるSFは、冒頭の人の業を考えさせられる。

    太宰版で馴染みの名前の登場人物たちが、それぞれの信義に従い行動するが、やはり主人公葉蔵は煮え切らない。そんな彼が変化する様を含めて物語は展開していくが、ワシにはどうにも、この世界観に於けるSF的ルールが見つけ出せずに、釈然としないままに置いていかれてしまった。

  • 読みにくいエヴァ

  • 意外と面白かったけど、相変わらずのディストピアだなぁ

全6件中 1 - 6件を表示

葵遼太の作品

HUMAN LOST 人間失格 ノベライズ (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×