レベッカ (上) (新潮文庫)

制作 : 茅野 美ど里 
  • 新潮社
4.06
  • (68)
  • (55)
  • (47)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 565
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102002032

作品紹介・あらすじ

ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見た-この文学史に残る神秘的な一文で始まる、ゴシックロマンの金字塔、待望の新訳。海難事故で妻を亡くした貴族のマキシムに出会い、後妻に迎えられたわたし。だが彼の優雅な邸宅マンダレーには、美貌の先妻レベッカの存在感が色濃く遺されていた。彼女を慕う家政婦頭には敵意の視線を向けられ、わたしは不安と嫉妬に苛まれるようになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.03.25

  • 地味で気弱で、レストランの店員にもなめられっぱなしのヒロインが、妻を亡くした大金持ちに見初められ、後妻となるシンデレラストーリー!と思いきや、屋敷には前妻レベッカの影が色濃く残っていて、ヒロインは新しい生活に馴染めず徐々に弱っていく。
    ストーリーは今のところヒロインがいびられすぎててかわいそう。ここから逆転できるほど自己肯定感がなさそうだし。
    しかしとにかくマンダレイの屋敷の描写が美しくて細かくて、建物好きなのですでに大満足です。調度品のひとつひとつにレベッカの魂が宿っていそうな不気味さも感じられてまた良い。これはあらすじを知るだけではわからなかっただろうから、本当に読んで良かった。

  • 面白くて、一気に読んだ。
    この先いったい何が起こるのだろうか。
    下巻への期待が高まる。

  • 前半はシンデレラストーリーのようなときめき、だけどだんだん雲行きが怪しくなってくる。ものすごく面白い。下巻も楽しみ。

  • 今、上巻を読み終えたところ!
    やっぱりー!!!


    下巻の冒頭数ページ読んで落ち着けてから本を閉じました。

  • 美しい屋敷の庭園の描写が素晴らしいそこで亡霊のように存在感を示している亡き前妻レベッカが何やら不気味。
    感想は下巻にて。

  • 一気読みしてしまったので、レビューは下巻にて。

  • 訳が良いのかスラスラ読める。感想は下巻読了後。

  • 金持ちの付き人を務める女性。貴族に見初められ、美しい邸宅へ。しかしそこには、事故で亡くなった先妻レベッカの影が。

  • 大きな動きがなくて、読んでて眠くなったけどきれいな風景の描写にずるずる引き込まれた。

全56件中 1 - 10件を表示

ダフネ・デュ・モーリアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
東野 圭吾
有川 浩
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

レベッカ (上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする