パルムの僧院(下) (新潮文庫)

  • 新潮社
3.47
  • (13)
  • (21)
  • (43)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 382
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102008027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 下巻に入ってからの方が面白かった!

    自由主義者・ジャコバン派がどういう人たちなのかしっかり理解した方が楽しめる気はしつつ、読了。解説(訳者あとがき)があっさりしていて残念。

  • 下巻に至って、いよいよファブリスとクレリアの純愛か、叔母のサンセヴェリーナ公爵夫人の盲愛・偏愛によるファブリスの不幸か、となります。

    貴族ファブリスは恋のつまらないさや当てで、旅芸人の男を殺してしまい、当時(17~18世紀)​のイタリア公国は「お手打ち」はおとがめなしなのだが、専制君子の大公の虫の居所によって、ファルネーゼ塔という監獄にいれられてしまったのでした。

    美魔女とでもいうのでしょうか、宮廷の男性という男性を惹きつけてやまない貴族の娘のジーナ叔母(サンセヴェリーナ公爵夫人)は政治的手腕も長けていて、おまけにモスカ伯爵というもっと辣腕の大臣を巻き込み、監獄からファブリスを助け出すというが良かれと、あらゆる手を尽くすのです。

    でもそれは「いらんこと」でした。獄舎の監視将軍の純真で魅力的な娘クレリアにひとめぼれ、浮気なファブリスも「これぞ真なる恋」と開眼。

    しかし、叔母もクレリアも愛するファブリスのために他者と結婚するという、スタンダール・ワールドの流れ、手に汗握る展開が続き、大団円で終わります。

    と、さもあっさりと書きましたが、恋の駆け引き、宮廷政治の陰謀やら、当時の小公国専制政治のあらましなど、読むのに苦戦したところもありました。

    昔読んだ中央公論社「世界の文学」の『パルムの僧院』がわかりにくかった記憶があったので、この新潮文庫改版はわかりやすくなっているのかな、と思っていましたが、何のことはない同じ大岡昇平氏訳だったのでした。つまり、この文庫の初版を見ると、昭和26年(1946年)に訳されているのですね。道理で監獄の塔の高さが尺や寸で表されていますもん、感覚わかりませんけどね。でも、さすがスタンダール研究者の作家の珠玉の翻訳には違いない、とは思います。

  • いやあ、むちゃくちゃ面白かった。終盤の盛り上がり方は能の序破急を見る思いでした。スタンダールを楽しめて幸せです。でもまだ自分をThe happy fewと規定する自信はありません。

  • 2020/8/24 読了

  • 長年の積ん読の山から取り出した本。主人公の幸福な入牢生活がまだるっこい。とうやく脱走して新たな展開に期待。
    読み終わってなにこれのラスト。恋を捨て信仰に目覚めた主人公とばかり思っていたけど最後まで煩悩だらけだった。

  • 文学

  • バチバチと火花散る心理戦。これ主役はサンセヴェリーナ公爵夫人といってもいいのでは。そのくらい彼女が活躍しているし、性格もハッキリしていて潔い。男にとっては怖い存在なんだろうけど、そんな彼女が唯一思い通りに動かせない存在がファブリスというのがミソ。思い通りになってしまったらそれはそれでスキャンダラスだけど…。
    ファブリスにはちっとも同情できなかったし、ラストもそんな終わり方?というガッカリ感。政治や権力争いの描写を興味深く読めないと、半分も楽しめない作品だと思う。僧院はあまり出てこないし、ファブリスには信仰心なんてない。ヒロインには信仰心はあるけれど、影が薄い。そして最後には…。うーん、色々納得いかない。
    やはり、大公や公爵夫人、モスカ伯爵、そのライバルたちが繰り広げる宮廷の陰謀や駆け引きが主な見どころかな。個人的な結論:「赤と黒」に軍配。

  • ストーリーの展開は若干遅くて、人間関係も複雑に感じたけど、ファブリスとクレリアの情熱的な恋は最高に盛り上がる!ふたりの恋に落ちていく過程は特殊な状況ではあるけど、普遍的なものに訴えかけるのはスタンダールのセンスだと思う。

  • 2012.1.21 読了

  • 下巻から面白くなった。不幸を知らずバカだった主人公は、望みが叶わずに苦しむことで成長…は多分していない。相変わらず自分のことだけ。
    おばさんの公爵夫人と恋人の伯爵が良い脇役だけど、主人公カップルは幼稚な印象。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

スタンダール(本名アンリ―・ヘール)は、フランス革命からはじまるフランスの歴史的な激動時代を生き抜いた、フランスの代表的な作家。著書に「赤と黒」「パルムの僧院」「恋愛論」など。

「2016年 『ディズニープリンセス 「恋愛論」 Disney Princess Theory of Love』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタンダールの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×