パルムの僧院(下) (新潮文庫)

  • 新潮社
3.46
  • (11)
  • (20)
  • (43)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 298
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102008027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いやあ、むちゃくちゃ面白かった。終盤の盛り上がり方は能の序破急を見る思いでした。スタンダールを楽しめて幸せです。でもまだ自分をThe happy fewと規定する自信はありません。

  • 長年の積ん読の山から取り出した本。主人公の幸福な入牢生活がまだるっこい。とうやく脱走して新たな展開に期待。
    読み終わってなにこれのラスト。恋を捨て信仰に目覚めた主人公とばかり思っていたけど最後まで煩悩だらけだった。

  • 文学

  • バチバチと火花散る心理戦。これ主役はサンセヴェリーナ公爵夫人といってもいいのでは。そのくらい彼女が活躍しているし、性格もハッキリしていて潔い。男にとっては怖い存在なんだろうけど、そんな彼女が唯一思い通りに動かせない存在がファブリスというのがミソ。思い通りになってしまったらそれはそれでスキャンダラスだけど…。
    ファブリスにはちっとも同情できなかったし、ラストもそんな終わり方?というガッカリ感。政治や権力争いの描写を興味深く読めないと、半分も楽しめない作品だと思う。僧院はあまり出てこないし、ファブリスには信仰心なんてない。ヒロインには信仰心はあるけれど、影が薄い。そして最後には…。うーん、色々納得いかない。
    やはり、大公や公爵夫人、モスカ伯爵、そのライバルたちが繰り広げる宮廷の陰謀や駆け引きが主な見どころかな。個人的な結論:「赤と黒」に軍配。

  • ストーリーの展開は若干遅くて、人間関係も複雑に感じたけど、ファブリスとクレリアの情熱的な恋は最高に盛り上がる!ふたりの恋に落ちていく過程は特殊な状況ではあるけど、普遍的なものに訴えかけるのはスタンダールのセンスだと思う。

  • 2012.1.21 読了

  • 下巻から面白くなった。不幸を知らずバカだった主人公は、望みが叶わずに苦しむことで成長…は多分していない。相変わらず自分のことだけ。
    おばさんの公爵夫人と恋人の伯爵が良い脇役だけど、主人公カップルは幼稚な印象。

  • 上巻とはかなり雰囲気が変わり、緊迫した展開が続くが、基本はメロドラマ。
    何かであらすじを読んだことはあったが、ここまでしっかりメロドラマをやっているとは思わなかった……。

  • 主人公が収監されてからようやく面白くなってくる。
    よくあるよね、脇役が活躍する回の方が面白いTVドラマとか。そんな感じ。
    小説の主人公がダメ人間でも共感できなくても別にいいんだけど、それならそれなりのテンポ感で読ませてほしい。
    新潮文庫版の訳は格調が高いと言うか、斜め上過ぎて、その点楽しくない。
    いずれにしてもこれが海外の長篇第28位。

  • 下巻に入ってやっと運命の女性クレリアと巡り会う主人公ファブリス。その恋は成就することなく囚われの身となるが。フランス人であるスタンダールがルネサンス期のイタリアを舞台にして、なぜこの作品を書いたのか。よく分からないまま物語は終焉を迎える。なんだろう。その時代、宮廷政治という奇怪な状況、その中での純愛というものが理解しにくいのは確かである。この作品が名作と呼ばれる理由はなんだろう?

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

スタンダール(本名アンリ―・ヘール)は、フランス革命からはじまるフランスの歴史的な激動時代を生き抜いた、フランスの代表的な作家。著書に「赤と黒」「パルムの僧院」「恋愛論」など。

「2016年 『ディズニープリンセス 「恋愛論」 Disney Princess Theory of Love』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタンダールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
ドストエフスキー
スタンダール
ドストエフスキー
ドストエフスキー
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

パルムの僧院(下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×