虐げられた人びと (新潮文庫)

制作 : 小笠原 豊樹 
  • 新潮社 (2005年10月発売)
3.60
  • (32)
  • (40)
  • (80)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :419
  • レビュー :36
  • Amazon.co.jp ・本 (686ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102010204

虐げられた人びと (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラスト30ページほどで、息を飲む謎が明かされる。幾重にも巡らされた入れ子構造。悪人、善人の描き方。金への執着。ネリーが登場してから、俄然物語は進み始めたが、やはり肝だったのだな。舞台装置もドラマチックだった。

  • 【印象】
    二重底、三角関係、四人目はいない。
    クズ父子やぐちゃぐちゃな愛憎、人間の両面的分裂を楽しめる人へお薦めします。

    【類別】
    小説。
    ロマンスの要素が多め。

    【脚本構成】
    主人公と同程度の鈍感を持つなら、物語展開の楽しみを味わいつくせるでしょう。
    本作は小説家である主人公によって執筆された手記の形を成すため、作中作の色も帯びています。

    【表現】
    文体は平易であり、地の文は一人称視点。
    頁221で「ぶたれたっていい!」を反復する表現に錯乱を感じます。

  • 日曜の午後、急にドストエフスキー読みたい!気分になって一気読み。今まで読んだ彼の作品のどれよりも読みやすかった。それに、主人公(語り手)を素直にかっこいい!と思ってしまった。今まで読んだ彼の作品は、どれも、「自分にもこういう弱い部分がある」と共感しつつ、親しみは持ちたくなかった。(持てない、ではない。笑)けど、ワーニャ。彼は本当に素敵だったので、驚いてしまった。ナターシャと父の関係性には、舌を巻くリアリティがあった。家族って近すぎて全体像が見えない分、すごく難しい。どの人物も重厚で複雑なドラマを持っていて、読み返したらまた違う人の気持ちにフォーカスするだろうな。けど…なんといったらいいか。これだけ濃いドラマが書けるドストたんやっぱり偉大

  • 1995 読了

  • 面白かったです。特に最後にナターシャが父親に許される場面がとても好き。ネリーのあまりにも救いのない悲惨な物語と、妻の怒りと、それまでの父と娘の苦しみ…これらから生まれた、必然的で無理のない、人間心理に即した許しだったと思います。
    頑なさがなにを生むというのでしょう? 残酷さばかりが蔓延るこの世界で、どうしてわざわざ人間同士が傷付け合わなければならないのでしょうか? 我々人間は皆それぞれに必ず苦しんでいるというのに。泥と血に塗れ、胸に剣を刺され、折れて思う通りに動かない脚で、それでもどうにか立っているのは、言葉と心を持つ仲間同士が互いに支え合っているからではないのか…。娘を呪い、許しを与えぬまま死なせてしまい、狂人のように街をさ迷い野垂れ死んだネリーの祖父は、どんな理由があろうと間違っていたとしか思いようがありません。許すこと、なんといってもこれが大事なのだと思います。
    …なんだか大袈裟な書き方になってしまって、もしこの無意味に長いレビューを読んだ方がいたなら、馬鹿馬鹿しく思われそうですね。まあ、聞き流してください。いや、本当に、ドストエフスキーの作品は面白いですね。

  • 再読である。タイト通りの虐げられた人々が登場する。再読した理由は中身を忘れていたからだが、本書はドストエフスキーの小説に登場する特徴的な人間(すなわち、悪者、かわいそうな子ども、聡明な女性)がだいたい出てきており、この作品あってその後の「罪と罰」とかの高名な小説ができたのだろうなと納得したものである。

  • 人間に対しての希望みたいなところと、限界みたいなところを描いた小説という印象で、構成が所々スムーズじゃない感じはしたけども、そういう細かいところを吹き飛ばすような迫力を今回もドストエフスキーからは感じたなぁ・・・!

  • 名作

  • 一気に読みました。星50ぐらいつけたいです。特に中盤ぐらいまでは。終盤ちょっと失速?と思いましたが、最高です。こんなの読んでたら気が狂いそう…。

  • 公爵の息子アリョーシャ、適当すぎ。ナターシャもワーニャも人良すぎ。ネリーの存在が強いインパクトありました。

全36件中 1 - 10件を表示

虐げられた人びと (新潮文庫)のその他の作品

虐げられた人びと(新潮文庫) Kindle版 虐げられた人びと(新潮文庫) ドストエフスキー

ドストエフスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
ヘルマン ヘッセ
夏目 漱石
ドストエフスキー
ドストエフスキー
安部 公房
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

虐げられた人びと (新潮文庫)に関連する談話室の質問

虐げられた人びと (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする