黄金の羅針盤〈上〉 ライラの冒険

  • 新潮社
3.54
  • (91)
  • (137)
  • (287)
  • (24)
  • (2)
本棚登録 : 1168
感想 : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102024119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読です。 読んでいて色々と思い出したした。
    なんでこんなに面白いのに、続きを読んでいなかったのだろう……。
    最初は、ライラの軽率な行動にイライラしましたが、少しずつ考えたりしながら行動するようになる、ライラの成長を感じました。

  • 衝撃なのはあの人がライラの母親だったっていうこと・・

    映画のワンシーン最初の方とか同じだったけど
    思ったより良く分からなかった・・

    ダイモンは優しくて強そうで良い・・

  • 面白かった。登場人物それぞれが考えて自分の信じること、やりたい行動を勝手にとってるから、誰が善か悪か、という区別がない。わからない。だから児童文学にしてはドロドロしてる。
    ヒロインのライラも、<真理計>アレシオメーターやよろいグマのイオレクの力を借りながら、自らの機転と行動力を武器に、自分の信じる方向へ突き進んでいく。おてんば娘ながら思いやりがあるので魅力がある。

  • フィリップ・プルマンの名作。2008年3月映画公開中。キャストはピッタリの感じですね。
    20世紀前半のオックスフォードに似た異世界の街に暮らすライラ。消えた友達を追って、冒険に飛び込んでいきます。
    児童文学の枠にはまりきらない重厚さと大胆さがすごい。
    映画ではどうしてもストレートに軽くなってしまうのではないかと思いますが…見てから読めば解りやすいかも?

  • うそつきおてんば女の子の壮大な冒険ファンタジー。
    複数のパラレルワールドが入り混じり、魔女や天使やよろいグマ、そして、“ダイモン”と呼ばれる守護精霊と、とっても魅力的で頼もしい仲間達が登場。
    宗教的なテーマもあり、とっても奥が深くて楽しめました。

  • 面白いけどまだそんなに盛り上がりがないかなー。
    後半に期待。

  • 子供とは、自分が何者かわかっていない人のことである。作者のそんな考えが、一人に一匹ずつついている守護精霊ダイモンの設定から伝わるように思う。ライラの旅路は自分の出自、能力の限界を見定めるものでもある。

  • 感想は下巻にまとめます

  • 2007年に読了。映画をまず見て惹かれた。
    『秘密の短剣』『琥珀の望遠鏡』と続いていく。
    イオレクとの出会いのところが一番好き。

    悔やまれるのは、ダニエルクレイグが表紙になってるのを買いたかったなぁ(笑)

  • 三部作、映画化もした。面白いとは思うけど、話がややこしくてついていけなかった。

全151件中 1 - 10件を表示

フィリップ・プルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
米澤 穂信
アクセル ハッケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×