神秘の短剣〈下〉 ライラの冒険II (新潮文庫)

制作 : Philip Pullman  大久保 寛 
  • 新潮社
3.57
  • (41)
  • (64)
  • (118)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 511
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102024140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新たなミッションをもつ人物の登場で、ストーリーはやや難しくなっている。しかも最後にこれまでのオリジナルなメンバーがいなくなってしまうため、読み切った感が薄い。
    しかしこれは全ストーリーの通過点ということで、最後のシリーズへの期待感は増してくる。

  • どこまで壮大になるのか。神と戦う展開になるとは。でもなんというか…ウィルとライラがそういう運命を背負って生まれてきたというなら、彼らを生かそうとして倒れていくリー・スコーズビーや魔女たちが哀れでならない。それも運命なのか…。

  • もっとシロクマを出せ。

  • 本当に児童書?
    子供たちがなぜこんな辛い目にあわないとダメなのか、
    ラストは子供たちがしっかり幸せになって終わるのか、
    続きはとても気になるけど、でも読んでいて辛い。

  • おもしろかった

  • じっくり読むぞと言い聞かせて慎重に読み進めていたつもりが、後半、
    えっ?
    えっ?!
    りーーーーーーっっ!!

    あれ??
    おとーさーん!!
    アーッッ

    ・・・ってな具合で、どんどん引き込まれガツガツ読んでいました。
    最後はショックというか・・・こんな展開悲しいというか・・・

    早く続きが読みたい・・

    その前にもっかい読んでおこうか・・

  • 神秘の短剣後編です。
    既に「黄金の羅針盤」からは想像出来ないくらいスケールが広がって、面食らっているような状態です。しかし、このまま何も考えずに感じるまま最後まで翻弄されてしまいたい感もあったり……。
    ところでタイトルでもある「神秘の短剣」が登場して2つのキーアイテムが揃いましたが、それぞれ所有者はライラ、ウィルと一つずつですよね。ということは、最後のキーアイテム「琥珀の望遠鏡」の所有者はあの人かな……?

  • 表紙絵にせめて人物を描いてあげてほしい。
    ウィルが短剣の守り手になってから父と出会ってあっという間に死に別れるまで。
    他にもマローン博士が現実世界を抜け出すとかリーの壮絶死とか。

  • ライラの冒険2作目、下。

  • 話がややこしくなる気配を見せつつ第三部へ続く。

    少年ウィルの父の正体。それから、リー・スコースビーの退場シーン、寒々しくも、燃え上がる森をバックに美しいと思った。

全35件中 1 - 10件を表示

神秘の短剣〈下〉 ライラの冒険II (新潮文庫)のその他の作品

神秘の短剣〈下〉 (ライラの冒険) 単行本 神秘の短剣〈下〉 (ライラの冒険) フィリップ・プルマン

フィリップ・プルマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

神秘の短剣〈下〉 ライラの冒険II (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする